Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
豊島 たづみ_BEST SELECTION ◇ 2007年 11月 08日
e0081370_2220431.jpg 

ここのところ秋に似合うような、どちらかと言うとシックな感じのアルバムを連続して紹介していますが、今回紹介するベスト・アルバムもそんな1枚です。豊島 たづみの1992年にリリースされたベスト・アルバムです。以前、ここでも1stアルバム『とまどいトワイライト』(1979年)と未CD化の2ndアルバムで名盤だと断言出来る『STILL NIGHT』(1979年)の2枚を紹介しました。
この他にも、3rdアルバム『淑女のたしなみ』(1980年)、4thアルバム『LONELY ONE』(1981年)の計4枚アルバムをリリースしていますが、私の所有しているのは1stと2ndだけです。またCD化されているのは1stのみで、他の3枚は未CD化のようです。中古店等で探していましたが、CD化されていないので見つかる訳ありませんよね。それでも神様は見放さなかったのです。こんなベスト・アルバムのCDを見つけることが出来ました(笑)

アルバムには12曲収録されていまして、1stから4曲、2ndから1曲、3rdから2曲、4thから5曲が選曲されています。残念だったのは大好きな2ndからはたったの1曲だったことですが、所有していない3rdと4thから7曲収録されていたのは嬉しかったですね。
独特な声の持ち主ですが、都会的の夜によく似合うそのヴォーカルが素晴らしく、大人が楽しめるポップスを聴かせてくれます。今の時期にもぴったりな音楽だと思います。

『豊島 たづみ / BEST SELECTION』
01. ロンリィ・ワン
02. ジェントル・レイン
03. 少しずつ愛して
04. とまどいトワイライト
05. おもいでは琥珀色
06. ひとあしお先に
07. 女・ハードロード
08. パジャマゲーム
09. サマーナイト・ラプソディ
10. エヴリデイ・エヴリナイト
11. 海の見える窓
12. きのうパラダイス

情感溢れるヴォーカルが光るスロー・ナンバー01。作・編曲は川村 栄二で、シンプルですがコーラス・ワークが美しく洒落たアレンジが印象的なナンバー。夜にひっそりと聴きたい、そんな1曲です。4thアルバムから。

メロウなボッサ・ナンバー02。豊島 たづみにはJAZZYなナンバーやボッサ調のナンバーが本当によく似合います。作詞・作曲は豊島 たづみで、ツボを抑えたアレンジは川村 栄二の仕事です。包み込むような美しいストリングスが秀逸なナンバーです。4thアルバムから。

2ndアルバムの冒頭を飾った名曲03。作詞は来生 えつこ、作・編曲は佐瀬 寿一です。こういう雰囲気の曲をサラッと歌えるのも豊島 たづみの魅力かも知れませんね。シンプルなリズム・セクションとスケールの大きなオーケストレーションの組み合わせが絶妙な1曲です。

豊島 たづみの代名詞的なナンバー04。大原 麗子主演のドラマの主題歌としてヒットしました。フォルクローレ風なアレンジが印象的なナンバーで、阿木 燿子・宇崎 竜童コンビらしい曲ですね。アレンジは大村 雅朗。1stアルバムから。

作詞:松本 隆、作曲:井上 忠夫、編曲:萩田 光雄による1stに収録されていたボッサ・ナンバー05。これも良い曲なんですよね。本当にボッサ調の曲調を歌わせると上手いですね。女性版の和製マイケル・フランクスと言ったら言い過ぎでしょうか・・・(笑)

06も1stアルバムからで、つのだ☆ひろの作詞・作曲、編曲は萩田 光雄です。カントリー調の曲でアメリカ南部の匂いのするナンバーです。

4thアルバムからの07。作詞:下田 逸郎、作曲:佐瀬 寿一、編曲:川村 栄二によるナンバーです。テンポの変化が面白い都会的なポップ・ナンバーです。どこかテクノっぽさを感じるアレンジが特徴ですね。

3rdアルバムからの08は、作詞:ちあき 哲也、作曲:筒美 京平、編曲:萩田 光雄によるナンバーです。豊島 たづみには珍しいロックン・ロール風ポップ・ナンバーです。筒美 京平らしいキャッチーなメロディーが印象に残りますね。

作詞:西脇 葉子、作曲:西脇 睦宏、編曲:川村 栄二による09は3rdアルバムから。夏らしく軽快なポップ・ナンバーで、ギター・カッティングやコーラス・ワークが素晴らしい1曲です。夏の夜のドライブのBGMに最適な1曲でしょう。

1stアルバムに収められていた10は、作詞:来生 えつこ、作曲:西脇 睦宏、編曲:川村 栄二によるメロウなスロー・ナンバーで、JAZZYなアレンジがお洒落なナンバーです。とくにギター・プレイが印象に残ります。

素晴らしいコーラス・ワークで始まる11。作詞:来生 えつこ、作曲:佐瀬 寿一、編曲:川村 栄二によるしっとりとしたナンバーで、淡々と歌う豊島 たづみのヴォーカルがクールなイメージを醸し出していて良いですね。4thアルバムから。

12も4thアルバムからのナンバー。アコースティック・ギターの調べが美しいバラード・ナンバーです。作詞:西脇 葉子、作曲:西脇 睦宏、編曲:川村 栄二による作品です。星空輝く夜空でも眺めながら聴きたい、そんな1曲です。

リアル・タイムで聴いてはいましたが、今の年齢になって益々彼女の歌、音楽の良さが理解できるようになったみたいです。なかなか大人が安心して聴ける音楽が少ないのが今のJ-POPの現状という気がします。頑張っているアーティストもいるんでしょうが、なかなか陽が当たらないのが現実かも知れませんね。
最近のリイシュー・ブームは、あるいはそんな現在のJ-POPへの反動なのかなとも思ってしまいます。出来れば豊島 たづみの2nd以降のアルバムもぜひCD化してもらって、大人がくつろんで聴ける、楽しめる音楽を我々に届けて欲しいものですね。
[PR]
by kaz-shin | 2007-11-08 00:01 | ベスト盤 | Trackback | Comments(11) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/6755451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by WESING at 2007-11-08 21:38 x
豊島たづみさんは、FMで流れた曲を計10曲くらいテープに録っていたことがありますが、もう処分してしまいました。
「とまどいトワイライト」はヒットしたみたいだから、聞いたら分かるかもしれません。
「ニュー・ミュージック'80」という本によると、「'77年6月21日、シングル<ひと足お先に>でデビュー」と書かれています。
翌月にファースト・アルバム「ちぎれ雲(MR-3071)」をリリースしているようです。
このベスト盤は知りませんでしたが、記録しておきたいので発売日とCD番号を教えてください。
Commented by kaz-shin at 2007-11-09 00:13
WESINGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
『ちぎれ雲』というアルバムが1stだったんですね。初めて知りました。
ありがとうございます。私はポリドールの『とまどいトワイライト』が1stだと思ってました(汗)

ベスト盤のリリースは、1992年6月1日のようです。
CD番号はPOCH-1219です。
Commented by WESING at 2007-11-09 11:01 x
upしていないけど、データとして入れました。
ありがとうございます。
Commented by 黒雲重蔵 at 2007-12-31 20:54 x
こんばんは。
ずっと豊島たづみさんの音源を探していました。
高校生の時に聞いたコンサート。
大人の雰囲気がとても魅力的でした。
「ロンリィ・ワン」聴きたいです。
さっそく手に入れます。
感謝。
Commented by kaz-shin at 2007-12-31 22:55
黒雲重蔵さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
豊島たづみさんの音楽は、本当に大人が安心して聴ける音楽ですね。
私も常々、再発あるいはCD化を希望しているアーティストです。
最近の再発ブームは大人が安心して聴ける音楽を、大人が求めている証なのかも知れません。
最近では豊島さんの音源も入手しにくいようなので、沢山の人の耳に届くように再発して欲しいですね。
Commented by 黒雲重蔵 at 2008-02-06 01:24 x
こんばんは。
ここで教えていただいた「豊島たづみベストセレクション」・・・
手に入れました。
なんとオークションに出ました。
執念です。

そして落札希望者は自分一人。

出品された方もとても綺麗に聴いておられた様子で、
帯もついていました。

今聴きながら書いています。
27年ぶりのTAZZの声です。
泣けます。
ありがとうございました。
ずっと持っていくCDが一つ増えました。
感謝。
Commented by kaz-shin at 2008-02-06 15:04
黒雲重蔵さん、こんにちは。コメントありがとうございました。
こんなブログですが、少しでもお役に立てたこと、喜んでもらえたこと、
本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

ボッサ系の歌を唄ったら、TAZZさんは抜群に上手いシンガーの一人だと
思っていますので、今の時代でも十分に聴けると思っています。
未CD化の『STILL NIGHT』を含めて、再発して欲しいといつも思っています。
大事なアルバムが1枚増えたという黒雲重蔵さんの言葉、胸に沁みます。
Commented by Miki Izumisawa at 2010-02-12 02:07 x
始めまして、私もTAZZの音楽とパーソナリティーのファンの一人です。2009年に「キッチンから愛をこめて」というアルバムが発売されましたね。TAZZファンとしてはこの上ない喜びです。
是非新しいアルバムを聞いていただきkazさんの評価を聞きたいものです。
Commented by kaz-shin at 2010-02-13 10:35
Miki Izumisawaさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
『キッチンから愛をこめて』は残念ながらまだ聴いていません。
機会があれば聴いてみたいと思ってはいるのですが・・・。
私は、TAZZさん名義でリリースした『STILL NIGHT』が本当に好きで、
今でも密かにCD化してくれるのを待っています(笑)

>是非新しいアルバムを聞いていただきkazさんの評価を聞きたいものです。
評価なんて恐れ多いですし、評価出来るほどの耳も持っておりません(笑)
ただ、私にとって気持ち良いかどうかを書いているだけなので・・・。
もし「キッチンから愛をこめて」を聴いたら、ちゃんと紹介しますね。
Commented by Miki Izumisawa at 2010-05-17 19:01 x
お久しぶりです。私もTAZZの『STILL NIGHT』が大好きで、そこからのファンです。
最近TAZZがブログを始めました。TAZZのパーソナリティーも凄く楽しいですよね。
覗いてみてください。ライブも月に一度くらいのペースで再開中です。
http://tazztazz.blogspot.com/
Commented by kaz-shin at 2010-05-17 23:52
Miki Izumisawaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お久しぶりでした。

TAZZさんのブログ、後程ゆっくり拝見したいと思います。
現在も活動されているのなら、やはり昔のアルバムもぜひ再発、あるいはCD化して欲しいと思うのは贅沢なことでしょうかねぇ。
完全におやじという年代になってから益々TAZZさんのヴォーカルが沁みてきている今日この頃です。
<< QUINCY JONES_Q&... ページトップ 斎藤 誠_DINNER >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon