Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
大野 雄二_大野 雄二 BEST ~COLUMBIA EDITION~ ◇ 2008年 01月 13日
e0081370_23305237.jpg 

今回紹介するのは、ジャズ・ピアニスト・作曲家として現在でも活躍している大野 雄二の2007年6月にリリースされたベスト盤『大野 雄二 BEST ~COLUMBIA EDITION~』です。
大野 雄二の名前が世間に広く知られるようになったのは、やはり1977年から放送された"ルパン三世(新テレビシリーズ)"のテーマ曲を手掛けたことでしょうね。TVアニメの主題歌、しかもインスト曲がリリースされてヒットしたというの非常に珍しかったと思います。
このアルバムは、その「ルパン三世のテーマ」の誕生から30周年を迎える2007年に、大野 雄二が手掛けたテレビ・映画のテーマ曲、アーティストへのプロデュースや提供曲等20曲を集めたベスト盤です。

ライナーノーツに記載されているプロフィールによると、大野 雄二は1970年代始め頃から既にTVドラマの音楽を担当していたようで、私と同年代の方はおそらく見ていたであろう日本テレビ系の『気になる嫁さん』、『パパと呼ばないで』、『雑居時代』、『水もれ甲介』という一連の石立 鉄男主演のコメディ・ドラマの音楽もそうらしいですね。という事は大野 雄二という名前を知らなかっただけで、彼の作ってきた音楽に親しんできていた訳ですね。
収録された20曲には知らない曲も沢山ありますが、私の年代であれば懐かしい音源ばかりが揃っていて、また素晴らしいメロディー、アレンジ、演奏の曲が多くて聴き応えのある1枚です。

『大野 雄二 / 大野 雄二 BEST ~COLUMBIA EDITION~』
01. ルパン三世のテーマ'78 (ニュー・ミックス2005) / TVアニメ 「ルパン三世」(1977)
02. 大追跡のテーマ / TVドラマ 「大追跡」(1978)
03. 大激闘のテーマ / TVドラマ 「大激闘マッドポリス80」(1980)
04. 人間の証明のテーマ / 映画 「人間の証明」(1977)
05. 戦士の休息 / 映画「野生の証明」主題歌(1978)
06. 小さな旅~光と風の四季~ / NHK 「小さな旅」メイン・テーマ(1993)
07. メイフラワー / アルバム『エレクトロ・キーボード・オーケストラ』(1975)
08. 海猫 / アルバム『エレクトロ・キーボード・オーケストラ』(1975)
09. LITTL' DUCKING / アルバム『Hi-phonics Hi-phonics』(1979)
10. シンガー・レディ / しばた はつみ(1975)
11. ともしび / TVドラマ 「おふくろさん」(1975)
12. 夕凪のふたり / TVドラマ 「気まぐれ本格派」(1977)
13. My Better Life / ビーバー・エアコンCMソング(1979)
14. DID YOU KNOW / アルバム『OUR FAVORITE SONGS』(1979)
15. インビテイション / スーパー・アニメ・スペシャル・シリーズ・テーマ(1979-1980)
16. 夢の舟乗り / TVアニメ 「キャプテンフューチャー」(1978)
17. ザ・マリン・エクスプレス / TVアニメ 「海底超特急マリン・エクスプレス」(1979)
18. 星雲仮面マシンマン / 特撮TV 「星雲仮面マシンマン」(1984)
19. We Love ♥ Hanna-Barbera / アルバム『We Love ♥ Hanna-Barbera』(1994)
20. I Love You, Yogi / アルバム『We Love ♥ Hanna-Barbera Vol.2』(1994)

曲数が多いので曲毎のレビューは省略させてもらいますが、大野 雄二自身がバンド・リーダーとなっている"YOU & I THE EXPLOSION BAND"が演奏しているのが01、02、03、15の4曲。お馴染みの01も残り3曲も大野 雄二らしいアレンジで、スピード感溢れるリズム・アレンジ、美しく流麗なストリングス・アレンジ、躍動感のあるホーン・アレンジが印象的です。

大野 雄二の手掛けた映画音楽の中でも有名な04、05。特に04の「人間の証明」は角川映画の第二弾で大ヒットした映画ですね。ジョー山中の情感溢れる歌唱が印象深い1曲です。個人的に思い入れの強い映画で、この映画の封切日に松田 優作の舞台挨拶見たさに学校(当時高校生でした)をサボって日比谷の映画館へ行き、運良く松田 優作と三船 敏郎と握手出来たのが良い思い出です(笑)
05は角川映画の第三弾でヒットしましたね。主題歌を歌っていたのは町田 義人でした。何より薬師丸 ひろ子(当時14歳)の映画デビュー作として思い出深いです。

シンセの黎明期とも言える1975年に、当時日本を代表する8人のピアニスト(佐藤 允彦、八木 正生、大野 雄二、羽田 健太郎、市川 秀男、大原 繁仁、藤井 貞泰)が、シンセ20台を操りリズム・セクションと同時録音するという実験的なアルバム『エレクトロ・キーボード・オーケストラ』の中から、大野 雄二の作・編曲したのが07、08です。

ラジオ局ニッポン放送で1963年から1970年代にかけて放送されていた音楽番組「日立ミュージック・イン・ハイフォニック」の15周年を記念して制作されたアルバム『Hi-phonics Hi-phonics』(CD化されています。ちなみに私はアナログ盤を所有)に収録されていた大野 雄二の作品09。佐藤 奈々子がスキャットで、タイム・ファイヴと牧 ミユキがコーラスで参加しています。

いわゆるアーティスト系に提供、あるいはシンガーとして起用した作品が10、11、12、13、14ですね。10は大野 雄二がサウンド・プロデュースを手掛けたしばた はつみの1975年のアルバム『シンガー・レディ』(もうすぐ再発されますね)のアルバム・タイトル曲です。11はTVドラマの主題歌だった曲で、歌っているのはブレッド&バターです。12も同じくTVドラマの主題歌だった曲で、歌っていたのはダ・カーポです。13はコマソンですが、尾崎 紀世彦へ提供した曲で今回初CD化のようです。14は音楽製作・著作権管理会社・日本テレビ音楽の創立10周年を記念して作られた『OUR FAVORITE SONGS』に収録されていた大野 雄二のオリジナル曲で、歌っているのはサリナ・ジョーンズです。この曲も初CD化のようです。

他にも沢山の魅力的な曲が収録されていますが、このアルバムはピアニスト、キーボード奏者としての大野 雄二としてではなく、作・編曲家としての大野 雄二の魅力が詰った作品だと言えるでしょう。
インスト曲8曲、ヴォーカル曲12曲という配分もFUSION好きな人にも、ポップス好きな人にも、洋楽好きな人にも楽しめる内容になっています。大野 雄二の音楽の世界の魅力に触れるには最適な1枚として、自信を持ってお薦め出来るアルバムです。特に私と同年代の40歳代後半の方には楽しんで頂けるかと・・・(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2008-01-13 01:20 | ベスト盤 | Trackback | Comments(10) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7083630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギター小僧 at 2008-01-13 01:59 x
こんばんわ
今年もいろいろなアルバムの紹介楽しみにしてます!

コレ、買いかけてやめてしまいました・・・
出たとき「おぉ」って思ってウィッシュリストに入れたんですが・・・
いくつか所有のものとかぶる曲もあったんで思いとどまってしまいました。
BOOK-OFFとかには出そうにないですね、きっと。

むか~しから大野雄二氏の生演奏を一度聴きたいと思っているんですが、東京のジャズスポットなどではトリオなんかでよくやっておられたんですが、関西では全然なくて・・・
でも今、コレ(↓)を注文中です。楽しみです。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=2638312
Commented by momayucue at 2008-01-13 23:53
人間の証明のテーマ。すんごい傑作だとおもうのです。
たにぴ@もまゆきゅ、ログイン中です。
「ルパン三世、カリオストロの城」エンディング曲は、
ヴォーカルにサンディーが仮名で歌ってるって大野さん言ってました。
あのサントラも最高だと想うのだけど、入ってないのね…。
Commented by kaz-shin at 2008-01-14 02:07
ギター小僧さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

これはもう思い切り飛びつきました(笑)
随分前から「人間の証明」がCDで聴きたいと思っていたのと、私の知らない
音源が結構収録されていたんで楽しんで聴くことが出来ました。
作・編曲家としての大野さんの魅力に溢れている1枚だと思います。

リンク先のDVDですが、なかなか良さそうですね。私は1度で良いから
YOU & I THE EXPLOSION BANDの演奏を生で聴いてみたいです。
Commented by kaz-shin at 2008-01-14 02:32
たにぴさん、コメントありがとうございます。
ギター小僧さんのレスにも書きましたが、「人間の証明」が聴きたくで
買ったといっても良いアルバムです(笑)
ルパン三世のサントラは去年何枚か紙ジャケでリリースされてましたね。
ルパン関連は数多いのでテーマに絞ったんでしょうね。
でもなかなか面白いアルバムですよ。
Commented by ファンヘイト at 2008-01-14 11:42 x
先日はオメガのアルバムに関するレス有難うございましたm。

ところでこのアルバムは私も聴いたことがありまして、
刑事ドラマが好きなものですから、「大追跡」と「大激闘」のテーマは大野さんの一品だと思えますw。

特にホーンセクションの使い方がパワフルで独特なんですよねぇ...。
YOU & I THE EXPLOSION BANDについては僕も一度生で聴いてみたいです☆彡。
Commented by kaz-shin at 2008-01-14 22:07
ファンヘイトさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
大野さんの作・編曲家としての活躍を堪能出来るアルバムだということで
購入したんですが、やはりプレイヤーとして参加しているYOU & I THE EXPLOSION BANDの
演奏は本当に格好良くて、もし映像があったらDVDでも良いからリリースして欲しいですね。
Commented by 伊勢音頭 at 2008-03-26 23:20 x
 EXPLOSION BAND名義ではないですけど、LUPINTIC SIXTEENって名前で、大編成での演奏を収録したDVDでてますね。
伊集加代さんやソニア・ローザ、数原晋、中川昌三、なんて名が連なってるのをみるだけで・・・。
Commented by kaz-shin at 2008-03-26 23:54
伊勢音頭さん、こんばんは。コメントと言うより情報ありがとうございます。
こんなDVD出ていたんですね~。全く知りませんでした。
ご覧になりましたか?良かったら感想聞かせて下さい。
Commented by 伊勢音頭 at 2008-03-27 19:40 x
DVDにはぜひいれて欲しかったのはもれてしまいました。この構成だったら、中川昌三さんもいるしあのバラードを、それからそれから・・・・、なんてですね。続きますので、第二弾も激しく希望します。
 
また、ルパンの音楽といえばドラムの市原康さんを抜きに考えられないくらい頭の中に浸透しているので、できれば参加してほしかった。江藤さんもすばらしいんですけどね。いつかブルーノートで一度だけ一緒にプレイされてるのをみたんですけど、なんか言い知れぬ安堵感みたいな気持ちに包まれた記憶があります。
昔から大野さんと市原さんは勝手に夫と妻、みたいなイメージを持っているんですけど、・・・変ですね。どちらが夫で、どちらが妻のイメージかは想像にお任せしますが。
話は脱線しましたが、DVDの聴きものは、なんといっても、ルパン三世80です。これだけでも、このDVDを観る価値ありですよ。
 また、補足ですが、大野雄二ベストの14曲目、サリナの歌は初CD化じゃないですよ。21年前に「愛のバラード」というアルバムの1曲目にあります。ほかの2曲にも大野さんの編曲が聴かれ、思いっきり大野節。メロメロ、溶けそうであります。
Commented by kaz-shin at 2008-03-28 01:34
伊勢音頭さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も市原さんのドラムは大好きですし、大野さんのサウンドでは欠かせないミュージシャンですね。
市原さんが参加していないのは残念ですが、フリークの伊勢音頭さんがそこまで勧めてくれるなら
ぜひ観てみたいと思います。ありがとうございました。

サリナの歌の件、ご指摘ありがとうございます。
このCDのライナーに初CD化と書かれていたんでそのまま書いてしまいました。
<< いしだ あゆみ&TIN PAN... ページトップ Y.M.O._増殖 (X∞MU... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon