Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
和泉 宏隆_HIROTAKA IZUMI covers LOVE SONGS ◇ 2008年 02月 01日
e0081370_2239812.jpg 

邦人アーティストによる洋楽カヴァー・アルバム・シリーズ。一応今回が最後の予定なんですが、第三弾となる今回紹介するのは和泉 宏隆が2005年にリリースした『HIROTAKA IZUMI covers LOVE SONGS』です。このアルバムは、70年代ポップスの名曲を和泉 宏隆のソロ・ピアノで演奏しているアルバムです。とても落ち着いた雰囲気と静かなピアノの音色が心地良い、BGMとして最適なアルバムです。

和泉 宏隆は、1982年から1998年までTHE SQUARE、T-SQUAREのメンバーとしてキーボード奏者としてのみならず数多い曲の作曲・編曲を担当してきた人物です。FUSIONが好きな人にはお馴染みの人です。和泉 宏隆はT-SQUARE脱退後は、ヒーリング・ミュージックと呼んでも良いような作品を数多くリリースしています。今回のアルバムもまさにそんな1枚です。
和泉 宏隆の奏でるピアノの音は静かで繊細で美しく、リラックスしたい時や読書の時、お茶を飲みながらBGMとして聴くのがピッタリだと思います。

今回のアルバムは、ピアノのソロ演奏ということもあって曲毎のレビューが難しいので省かせてもらいます。私がピアノが弾ければ演奏についても語れるのでしょうが、そんな才能を持ち合わせていないので手抜きになりますが、何卒ご容赦下さい(笑)
優しく美しいピアノの音色を何も考えずに楽しむのが1番良い聴き方かも知れませんね。

『和泉 宏隆 / HIROTAKA IZUMI covers LOVE SONGS』
01. The First Time Ever I Saw Your Face (愛は面影の中に)
02. Killing Me Softly With His Song (やさしく歌って)
03. Alfie
04. The Look Of Love (恋の面影)
05. Melody Fair
06. Here, There and Everywhere
07. Just The Way You Are (素顔のままで)
08. I'm Not In Love
09. The Summer Knows (思い出の夏)
10. When A Man Loves A Woman (男が女を愛するとき)
11. We're All Alone (二人だけ)
12. Everything Must Change
13. Rainy Days And Mondays (雨の日と月曜日は)
14. You Make Me Feel Brand New (誓い)
15. Will You Still Love Me Tomorrow

私の所有しているのは初回限定盤で、発売されたのが11月ということもあり、クリスマス・ソングが3曲収録されている特典ディスクが付いていました。

『Special Christmas Gift』
01. The Christmas Song
02. White Christmas
03. Silent Night

ちょっと疲れた時、寝付けない時なんかに小さな音でこのアルバムをBGMとして流していれば、きっと心地良く眠りにつけるのではないでしょうか。私はすぐに寝付きたいと思う時によく聴きますが、3曲目以降を聴かずして寝ていることが多いですね(笑) とにかく心地良いアルバムです。
[PR]
by kaz-shin | 2008-02-01 00:07 | Compilation / Cover | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7169215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 猫になりたい哲学者(笑) at 2008-02-02 00:20 x
これはいいCDそうですねぇ。仕事や作業しながら聴く音楽って(全然知識無いですけど)クラシックや最近ではJAZZなどを聴いているんです。自分が子供の頃にリチャード・クレイダーマンが流行ってたんですけどああいうインストにしても少しPOPなピアノ曲のCDないかなぁ~と思ってたんですよねぇ。こういうCDを探してみればいいのかもしれませんね。しかし、話が横にそれてしまうのですがT-SQUAREというと数年前アイドルというより私的には女優さんの人だった甲斐智枝美さんが悲しい結末を遂げた際の報道で、この人の旦那さんは元T-SQUAREのドラムの人だったのですが、音楽では食えていない状況だったと知ってショックを受けたのを思い出します。元々音楽で食っていくのは大変でしょうが、服部克久さんが数年前のインタビューで機器が発達した事もあり今やミュージシャンの仕事は5分の一から10分の一であり、また音楽家が権利意識に目覚めた事もあり逆に演奏代などが高くなり製作者側が冒険が出来ず新人が育たないとか…。CDが売れないだけじゃなく根本的問題が起きてるようですね。すいません、余計な話を書いてしまって。
Commented by kaz-shin at 2008-02-03 00:04
猫になりたい哲学者さん、こんばんは。早速洒落たHNでのコメントありがとうございます(笑)
長谷部さんほどの技術も持っているドラマーでも音楽で食えない状況というのは
何だか悲しい気持ちにさせますね。
甲斐智枝美さんが、亡くなる直前まで勤めていた花屋さんというのが私の家から5分位のところにあったんです。
嫁さんが何回か花を買ったことがあったそうです。おそらく住んでいたところも近所でしょう。
このニュースを知った時、甲斐さんが亡くなったというショックと長谷部さんが
ミュージシャンを辞めてしまっていたというショックのWショックだったのを憶えています。
打ち込みなら演奏を録音するのにスタジオ代もミュージシャンへのギャラも必要無い訳ですし、
それでヒットすればレコード会社にしてみればローコスト・ハイリターンですもんね。
切ない話です。
<< 宮崎 美子_Mellow ページトップ 熱帯JAZZ楽団_熱帯JAZZ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon