Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
山本 英美_HOLIDAY ◇ 2008年 02月 22日
e0081370_2223783.jpg 

先日紹介した小松 康伸の『FEEL SO GOOD』続き、またもマニアックなアルバムを紹介しようと思います。今回紹介するのは、山本 英美の1987年リリースのデビュー・アルバム『HOLIDAY』です。小松 康伸よりは知名度は高いかも知れませんね。というのもジャニーズ系のアイドルのファンの間では意外に知られているようですし、このアルバムがリリースされた当時に山田 邦子のバラエティ番組「やまだかつてないTV」のエンディング・テーマを歌っていたこともあるので、憶えている方もいらっしゃるでしょう。
そういう私も「やまだかつてないTV」のエンディング・テーマ曲「X'mas in the Blue」という曲で山本 英美の存在を知り、CITY POPが廃れ初めていた1990年代にも関わらず、ジャケット写真やアルバム・タイトルがCITY POPを感じさせたので興味を持ち、アルバムを購入した次第です。リリースは1987年でしたが、私がアルバムを購入したのは90年代に入ってからでした。

インパクトには欠けるものの、とても優しく柔らかい歌声とキャッチーなメロディーのポップス・ナンバーが山本 英美の持ち味と言えるでしょう。どこか大江 千里を彷彿させると言えば、イメージが伝わるでしょうか(笑)
ジャニーズ系アイドルのファンに山本 英美が知られているのは、どうやらKinKi Kidsに詞を提供したり、ジャニーズ系アイドルのライブ等でこのアルバムのタイトル曲「HOLIDAY」が歌われているようなんですね。山本 英美自身も曲を書いていますが、アルバムでプロデュースと大半の曲の作・編曲しているのは、デビュー前からの音楽のパートナーだという和泉 一弥なる人物です。残念ながらミュージシャン・クレジットは記載されていませんでした。

『山本 英美 / HOLIDAY』
01. HOLIDAY
02. 何も言わずに
03. 水色のフォード
04. 地下鉄のバナナフィッシュ
05. X'mas in the Blue
06. A GROWN-UP
07. 君にあいたい
08. TWILIGHT JUNGLE
09. MY SCHOOL DAYS
10. 素敵なHard Worker

山本 英美の作曲による01。ゆったりとした感じが心地良いポップ・ナンバーです。都会でのハードな毎日の生活のストレスから解放してくれるのは、彼女と過ごす時間・・・そんな平凡でも大切なHOLIDAYを歌っています。

山本 英美の作曲によるバラード・ナンバー02。アコースティックなサウンドにのせた甘くて、ほんのり切ないラブ・ソングです。

失恋ソングなんですが、変に暗くならないキャッチーなメロディーが印象的な03。夏の夕暮れに似合いそうな良い曲です。和泉 一弥の作・編曲によるナンバーです。

ミディアム・バラード・ナンバー04。サビのメロディーが強く印象に残りますね。1曲を通しての印象は落ち着いた雰囲気なんですが、サビ部でスケールの大きさを感じさせる不思議な魅力を持った1曲です。

ストレートなポップ・チューン05は、山本 英美の代表曲との言えるナンバーです。クリスマス・ソングなんですが、曲調、アレンジに特にクリスマスらしさは感じません。親しみやすく、確かにシングル向きのナンバーだと思います。

ロックの色を少し混ぜたという雰囲気を持ったポップ・ナンバー06。メロディーもアレンジも悪くは無いのですが、ちょっと平凡過ぎる感じも否めないナンバーですね。

フォーキーなバラード・ナンバー07。アコースティック・ギターのバッキングとパーカッションが主体のシンプルな演奏なんですが、心休まるような気持ち良い1曲です。

CITY POPなナンバー08。西海岸のAORサウンドを彷彿させるメロディーと演奏、コーラス・ワークが絶妙です。アルバムの中で1番気に入ってるナンバーです。

軽快なリズム・リフで始まるポップ・ロック路線のナンバー09。アルバムの後半になってAOR色が強くなってきているのが面白いです。

最後の10もCITY POP色の強いナンバーです。あえてバラードでは無く、ポップなナンバーにすることで心地良さを余韻として残そうとしたのかも知れません(笑)

アルバムを通して、曲も悪くないですしヴォーカルも悪くない。しかし、残念ながらこじんまりとまとまってしまっているのが残念な気もします。極端に言えば悪くは無いけど平凡過ぎるとでも言うのでしょうか・・・。聴いていて心地良いですし、好きな部類なんですが如何せんキラー・チューンが無いんですね。例えば1曲だけキラー・チューンで残りがつまらない曲のアルバムだとしても、そのキラー・チューンの存在がアルバムを名盤に押し上げてしまう場合もありますからね。音楽の奥深い部分かも知れませんね。色々書きましたが、CITY POPが好きな人なら抵抗無く聴けると思います。BGMとして流し聴きするのが1番気持ち良く聴けると思います。
たまにBOOK OFFで安く売られているのを見かけますので、興味がある方は聴いてみて下さい。私もこのアルバム以外は聴いたことがないので、別のアルバムも機会があれば聴いてみたいと思っています。
[PR]
by kaz-shin | 2008-02-22 23:57 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback(1) | Comments(5) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7331888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 春樹の小部屋 at 2008-02-27 18:03
タイトル : exciteが音楽レーベル会社を設立
エキサイトが音楽業界に本格参入-ネット活用した音楽レーベル会社を設立 まずエキサイトはライセンスをどうにかしてください。 goo music storeやiTunes Store、Yahoo! Music Downloadのライセンスは再発行がOKなのに対し、excite music storeのライセンス発行は初回限りです。 音楽を購入した際にいちいち外部メディアにライセンスのバックアップを取らなければなりません。 これを怠ると、万が一PCが故障したりOSを再インストールした場合、購入し...... more
Commented by まつのすけ at 2008-02-24 02:21 x
こんばんみーです♪

山本さんといえば、私の世代ですと、やまだかつてないテレビですね。確か、この番組には斎藤ノブさんやMALTAさんも出演されていたような。ジャニーズ以外にも、TM NETWORKの木根尚登さんともお仕事されているようです。

話が変わりますが、ックオフによく行かれているのであれば、NUTS!とeye'sのアルバムを探してみるとよろしいですよ。どちらとも元JADOESの平間あきひこさんが制作に携わっていらっしゃいます。前者は、平間さんのユニットで、後者は仁科かおりさん(現在はコーラスのお仕事をされています)のユニットです。
Commented by まつのすけ at 2008-02-24 02:32 x
続き。後者は、小西貴雄さんや大村雅朗さんもアレンジで参加されています。両者とも、梶原順さんがギター弾いていらっしゃいます。恐らく、NUTS!の方がブックオフで見つけやすいと思います。打ち込みものが、お嫌いでなければ大丈夫だと思います。角松サウンドをより純化してポップにした感じです。
90年代も、両者以外に鈴木トオルさんや、露崎春女さん、崎谷健次郎さん、ICEなどいいアーティストがいっぱいいることに、最近改めて気づかされますね(その頃の私は、お恥ずかしながら小室サウンドに、かなり傾倒していました)。
Commented by kaz-shin at 2008-02-24 03:41
まつのすけさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
前にも書いたんですが、私は90年代が1番音楽を聴いていなかった時代なんで、
これから聴いてみたいなと思っていたところなんで、情報を頂けると助かります。
露崎さんやICE、崎谷さんは聴いてましたが、"NUTS!"や"eye's"は全く知りません。
BOOK OFF探索する時には注意深く見てみますね。
ありがとうございました。
Commented by 春樹 at 2008-02-27 18:11 x
トラックバックさせていただきました。
山本英美というと、杉真理らナイアガラ系のアーティストと親交を持ちながら、角松敏生のようなトライアングル系サウンドの不思議な人、というイメージです。
おっしゃる通りヒット性のある曲や心に残る曲があまりないですが、佳曲揃いの及第点アルバムを出すアーティストだと思います。
たまに聴きたくなるんですよね。
Commented by kaz-shin at 2008-02-27 23:30
春樹さん、こんばんは。コメントとTBありがとうございます。
歌声、曲ともにちょっとインパクトに欠ける感じがしますが、確かに佳曲揃いというのは
間違い無いですよね。雰囲気が良いので、聴いていて疲れないですし聴きやすいですね。
<< 岩渕 まこと_SUPER MOON ページトップ STEELY DAN_Gaucho >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon