Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
21 (TWENTY-ONE)_BLUE COAST INN ◇ 2008年 02月 27日
e0081370_21484649.jpg 

今回紹介するのは、斎藤 誠(Mac)、村田 和人(Hit)、重実 徹(Lou)の3人によるユニット21(TWENTY-ONE)が1990年にリリースした1stアルバムです。以前、彼等の2ndアルバム『GREETING』(1991年)を紹介しました。2ndではメイン・ボーカルに山根 栄子を迎えて制作されましたが、この1stでは館野 美穂と小山 水城が起用されています。
CITY POPというよりも年代的にはクワイエット・ストーム系に近いサウンドが特徴ですね。明らかに夏向けのサウンドで今紹介するのは季節外れですが、夏が恋しいということでお許し下さい(笑)

プロデュースは21(TWENTY-ONE)の3人。アレンジは全曲重実 徹です。2ndでは邦楽カヴァー曲を中心の構成されていましたが、今回は山下 達郎のカヴァー1曲以外はオリジナル曲で構成されています。

『21 (TWENTY-ONE) / BLUE COAST INN』
01. 白い夏
02. L'étude d'amour
03. Two Lovers' Point
04. Pacific Ocean
05. ゴーギャンのように
06. Sunny Afternoon
07. 21 / Black Jack
08. 雨降るWedding Day
09. That's My Style
10. Up Town Story
11. Your Eyes
12. Micronesia

緩やかにフェード・インしてくるイントロがカリビアン・リゾートの朝を思わせる爽やかなナンバー01。打ち込みのビートに乗って土岐 英史のエモーショナルなサックスと、斎藤 誠のアコースティック・ギターが心地良く響きます。メイン・ヴォーカルは館野 美穂。

館野 美穂のキュートなヴォーカルとほんわりとした軽さの曲調が上手く調和している02。目立たないのですが、渋いコーラス・ワークも魅力です。

小山 水城をメイン・ヴォーカルで、斎藤 誠と村田 和人がサブ・ボーカルとして加わっている03。クワイエット・ストーム系のメロウなスロー・ナンバーです。

波の音のS.Eの04に続き、ゴーギャンの愛したタヒチの紺碧の海と空を連想させるナンバー05。熱い陽射しと汐風を感じさせてくれる曲ですね。メイン・ヴォーカルは館野 美穂と斎藤 誠です。

軽快なリズムのCITY POPなナンバー06。館野 美穂がメイン・ヴォーカル、斎藤 誠と村田 和人がサブ・ヴォーカルですが、1番印象に残るのは山根 麻衣、栄子姉妹と斎藤&村田のコーラス・ワークの素晴らしさですね。

英語詞のAORチックなナンバー07。斎藤 誠のギター・カッティングが冴える渋くて格好良い仕上がりです。メイン・ヴォーカルは小山 水城で、コーラスは村田 和人が中心になっているようです。

切ないラブ・バラード08。小山 水城と村田 和人のデュエット・スタイルのヴォーカルがお洒落な1曲です。

斎藤 誠の作曲によるJAZZYなナンバー09。ビッグ・バンド風なシンセのオーケストレーションが小粋で、重実 徹のアレンジ・センスが光る1曲ですね。メイン・ヴォーカルは館野 美穂。

打ち込みのビートを効かせたR&B風ポップ・ナンバー10。小山 水城がメイン・ヴォーカルです。サビのメロディー部分は、どこかゴスペル・ソングを思わせる面白い曲です。終盤はまさにゴスペル風コーラス・ワークも堪能出来ます。

山下 達郎の名バラードとして知られる「YOUR EYES」のカヴァー11。館野 美穂の情感豊かなヴォーカルと、重実 徹のアレンジによるシンプルながらも美しいサウンドとが絶妙にマッチしています。

約1分半の波の音のS.Eの12でアルバムは幕を閉じます。

南太平洋とかインド洋上に浮かぶアイランド・リゾートの水上コテージで、デッキチェアに寝転んで珊瑚で囲まれたエメラルド・グリーンの海を見ながら聴きたいアルバムですね(笑)
唯一不満があるとすれば、村田 和人の影が薄いかなという点ですね。コーラス・アレンジや作曲にも加わっていますが、歌の部分では目立ちません。おそらく独特な歌声なんで意識的に目立たないようにしたんだろうとは思いますが、ファンとしてはやはり淋しいです。
良い音楽(優れた小説も一緒だと思うのですが)というのは、サウンドで情景が浮かんできますよね。ですから春は近いとは言っても、まだ寒い日が続く今の季節でも目を閉じれば南国気分を満喫させてくれる・・・、音楽って本当に楽しいですね。今では入手困難だとは思いますが、たまにBOOK OFFで見かけます。機会があったら聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2008-02-27 00:06 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(2) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7368237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギター小僧 at 2008-02-27 23:11 x
コレ聴いてみたかったんです!
読んでいていっそう聴きたくなりました。
BOOK OFFで見かけます???
さすが・・・探してみます・・・
Commented by kaz-shin at 2008-02-27 23:34
ギター小僧さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
1st、2ndともに良いアルバムだと思います。お薦めです。
頻繁にでは無いですが、過去にBOOK OFFで2~3回見かけてます。
根気良く探せば見つかると思いますよ。
オークションを利用するのも良いかも知れませんが、値段を考えると
BOOK OFFの方が安く入手出来るでしょうね。
<< THE DOOBIE BROT... ページトップ WINK_Wink Hot S... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon