Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
流線形_TOKYO SNIPER ◇ 2008年 05月 06日
e0081370_18122172.jpg 

今回紹介するのは、古い音楽ばかり取り上げている私には珍しい最近のアーティストで、CITY POP好きにも評判が高く、あの金澤 寿和氏の監修したガイド本「Light Mellow 和モノ 669」でも紹介されてた"流線形"です。
流線形は、2003年にクニモンド瀧口(g、vo)、押塚 岳大(b)、林 有三(key)の3人組でミニ・アルバム『CITY MUSIC』をリリースしています。このミニ・アルバムは、CITY POPの影響が色濃い作品で、その辺りの音楽が好きな人には絶賛されていたようです。残念ながら私は「Light Mellow 和モノ 669」で彼等の存在を知ったものの、その時には既に入手困難な状態でした。
いつか聴いてみたいと思っていたところに、2006年10月に初のフル・アルバムがリリースされまして、当然飛びついた次第です。

この『TOKYO SNIPER』は、クニモンド瀧口一人のオウン・ユニットとなってリリースされたものですが、全ての楽曲の作詞(1曲は除き)と作曲、アレンジ、プロデュースをクニモンド瀧口が手掛けており、ヴォーカルには江口 ニカ(一十三十一)を起用しています。"流線形"の音楽を一言で言えば、「新世紀のCITY POP」といった感じでしょうか。スティーリー・ダン、山下 達郎、吉田 美奈子、ユーミン等の影響を受け、上手く自分の音楽に取り入れ、あるいは拝借(笑)しているところが実に面白いです。私はこういう影響を受けたアーティストの色が感じ取れる音楽って結構好きなんです。曲名もいかにもCITY POPって感じで笑えませんか?笑うと言っては失礼でしょうが、あえてこういう曲名にしているのでしょうから、やはりCITY POP好きの私には頬が緩んでしまいます(笑)

『流線形 / TOKYO SNIPER』
01. タイムマシーン・ラヴ
02. 花びら
03. レインボー・シティ・ライン
04. 恋のラスト・ナンバー
05. 薄紫色の彼方
06. TOKYO SNIPER
07. DANCING INTO FANTASY
08. スプリング・レイン
09. 雨のシンデレラ

初期の吉田 美奈子を彷彿させる軽快なポップ・チューン01。江口 ニカのヴォーカルのちょっと気だるい感じがメロディーにマッチしていますし、間奏のヴァイブ・ソロも80's CITY POPの香りが漂ってきます。ただ、ストリングスのアレンジに繊細さが加われば、もっとよくなっただろうなと感じる1曲。

都会的でメロディー、アレンジ共にCITY POP色全開な02。クニモンド瀧口自身によるピアノやJAZZYなギターの演奏がなかなか良い味出しています。とても2000年代の曲とは思えないサウンドで、アレンジに山下 達郎の影響を色濃く感じます。

タイトルも曲の雰囲気もまんま吉田 美奈子の「レインボー・シー・ライン」な03。こういう曲を聴くとクニモンド瀧口のCITY POPへの傾倒ぶりが窺い知れて、楽しくなってしまいます。江口 ニカのヴォーカルを聴かせる部分と演奏を聴かせる部分を明確に分けているところなど、CITY POPやAORが好きな人にはたまらないでしょう。

イントロがもろスティーリー・ダンな04。そして杉 真理の曲に存在していそうなタイトル・・・。こういう曲を聴くと、すぐに"パクリ"などと言う人もいますが、おそらく狙ってやっている訳ですから、私は単純に楽しめてしまいますね。これって結構センスが無いと出来ませんからね。

CITY POPとB.Cが上手く融合したような渋いナンバー05。ところがサビのメロディーを聴いた途端に笑みがこぼれました。本当に笑っちゃうくらいに吉田 美奈子の「愛は彼方」している」1曲です。この辺りが実に楽しくて好きです。

今度は山下 達郎の登場です。この06はそのタイトルから想像出来るかも知れませんが、達郎の「SOLID SLIDER」を彷彿させます。メロディーも似てますが、何と言ってもアレンジがそっくりで、楽器の使い方、構成など瓜二つです。江口 ニカとsaigenjiのデュエット・ナンバーです。

最初イントロが長くてインスト・ナンバーかと思った07。英語詞のナンバーですが、演奏を聴かせる1曲と言っても良いナンバーですね。都会的なアレンジに年代を感じさせるシンセ・サウンドが印象的ですね。

しっとりしたイントロで始まり、やがてB.C色が強くなっていく08。マーヴィン・ゲイがふと頭をよぎりました。ギターのカッティングに達郎の影響を感じます。雰囲気がある曲でお気に入りになっています。

ラスト・ナンバー09も吉田 美奈子の影響が色濃いナンバーです。江口 ニカのヴォーカルは決して美奈子を真似している訳ではなく個性的なものですが、美奈子に似た雰囲気、存在感がありますね。おそらく今回のアルバムは江口 ニカのヴォーカルに似合う曲を集めているのでしょうね。男性ヴォーカリストをメインにしたらまた違ったアルバムになっていたことでしょう。

流線形の音楽を聴いて"オリジナリティ"云々と語る人もいるでしょうね。しかし、私は音楽に関して言えば"オリジナリティ"に拘りません。要は聴くものが、聴いて気持ち良かったり、楽しんだり、感動出来ればそれで良いと思っています。ただ、アーティスト自身に関しては"オリジナリティ"というのは重要で、そういう意味では流線形は今の時代にあえてCITY POPに拘り、今の若い世代の人には新鮮に、我々のようなリアル・タイムでCITY POPを聴いてきた年代には当時の感動を思い出させてくれる音楽を作っている姿勢は、立派な"オリジナリティ"だと思うのですが、如何でしょう?
私のようにCITY POP大好きという人にはお薦めです。聴いて損の無い1枚ですよ。
[PR]
by kaz-shin | 2008-05-06 21:32 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(14) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7885599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギター小僧 at 2008-05-07 00:41 x
最近なって知って聴いてハマりました。
パロディもここまで徹したら納得させられます。
というか聴いてて素直に気持ちいいです。
05、06あたりはオリジナル(?)を口ずさんでしまいますが・・・
Commented by まるいチ-ズ at 2008-05-07 07:58 x
おはようございます
GWも終わり今日から仕事です、連休中は何年かぶりで海外に行っておりました(疲)でもやっぱり日本がいいです(笑)
流線形は前作を買いまして「おお!」と思い、一十三十一さんが好きなこともあってこのアルバムも買いました。どちらも車で聴くにはぴったりですね、CITY MUSICは結構な値が付いていて驚きました。
Commented by katsu at 2008-05-07 14:11 x
流線形にはヤラレましたね、何といいましょうか
心地よくって 懐かしいのに新しい(くもないか・・・)
今年あたり また新しいアルバム出るでしょうかね~楽しみです。
誰かのブログに(前のアルバムか?)山下達郎が自分で買いに行った
などと 書いてありましたが 本当かどうか(笑)
Commented by kaz-shin at 2008-05-08 00:10
ギター小僧さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に気持ちの良いアルバムですよね。
私の場合、顔がにやけっぱなしになってしまいます(笑)
ここまで徹底していると、逆に潔さと言うか清々しささえ感じます。
相当CITY POPに思い入れが強いのでしょうね。CITY POP好きな私には嬉しい限りです。
Commented by kaz-shin at 2008-05-08 00:14
まるいチ-ズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
前作から聴いていたんですか!羨ましい(笑)
ミニ・アルバムなのに結構な値が付いてますよね。
地道にBOOK OFFも探しているんですが、なかなか見つかりません。
根気よく探してみようと思ってます。

新作を出してくれるのが楽しみなユニットですね。
Commented by kaz-shin at 2008-05-08 00:20
katsuhikoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
大真面目でこういう音楽を作ってくれているのが嬉しいですね。
やはり70年代~80年代の音楽って多くの人を魅了していたんだと
改めて感じました。
新作出して欲しいですね。
Commented by まつのすけ at 2008-05-10 00:14 x
高岡さんのコメントで力尽きてしまったので、改めてコメントさせていただきます。一言で言えば、是非聴きたい、そんな感じですね。Airレーベル時代の達郎さんや佐藤博さんっぽいイメージを勝手に抱いていますが。
林有三さんは、朝比奈亜希さんのシングルや笹川美和さんのアルバムを手がけていらっしゃいまして、故浅野祥之さんもギターで参加されています。
Commented by Musicman at 2008-05-10 11:09 x
お久しぶりです。
私もこのアルバムにはヤラレましたよー。
大胆なパクリとパロディは敬愛するミュージシャンへの真摯な態度のオマージュなんでしょうね。
夏の夜にピッタリなんでそろそろ私も紹介したいと思います。
Commented by kaz-shin at 2008-05-11 22:38
まつのすけさん、コメントありがとうございます。
サウンドや曲調はCITY POP、AORそのものですが、江口 ニカさんの歌は今の時代を象徴していると思います。
今昔が上手く融合した新世紀のCITY POPという感じでしょうか。
ぜひ1度聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2008-05-11 22:41
Musicmanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまいました。すみませんでした。

本当に笑っちゃうくらいにヤラれたアルバムでした。
仰るように"真摯な態度のオマージュ"ですよね。
次回作に期待が高まるユニットですよね。
Commented by Jun at 2008-05-11 23:28 x
こんばんは。お久しぶりです。流線形のアルバムは、ファースト・アルバムから持っていますが良いですね。
新しいシティ・ポップスという感じがしますね。
新しいけれど、懐かしいシティ・ポップスの香りがする音楽だなあと思います。
Commented by kaz-shin at 2008-05-12 01:06
Junさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
1stはミニ・アルバムとは言えぜひとも聴いてみたいのですが、なかなか見つかりません。
今の時代、爆発的に売れるタイプの曲では無いと思うのですが、好きな人にはたまらないアルバムですよね。
Commented by SaToshi at 2010-03-08 21:54 x
TSUTAYAで80%引きで見つけて来ました。新品です。
現在8 曲目を聞いていますが、「なるほど」と思わせられますね。
また安く売っているのを見つけたら買いたいと思います。(笑)
ところで、HMVの流線形を検索したら「シティミュージック」も普通に出て来ましたが、kaz-shinさんは中古盤狙いですか?
Commented by kaz-shin at 2010-03-11 01:08
SaToshiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、すみません。

流線形の1stをずっと探してました。なかなか見つかりませんでした。
HMVでは新品の在庫があるんですね。良い情報ありがとうございました。
<< 高岡 早紀_Sabrina ページトップ TEMIYAN (宮手 健雄)... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon