Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
南 佳孝_ANOTHER TOMORROW ◇ 2008年 05月 14日
e0081370_2337250.jpg 

GWが明けてから何故か急に仕事が忙しくなりまして時間的、肉体的に余裕が無く記事の更新、頂戴したコメントに対するレスが滞ってしまっています。特にコメントにレスが出来ないのが心苦しく、本当に申し訳ありません。頂戴したコメントには必ずレスしますので、気長に待って頂きますようお願い申し上げます。また更新する記事も通常に比べて手抜きになると思いますが、ごく普通のサラリーマンのブログということでご容赦頂ければありがたいです(笑)

さて今回紹介するのは久しぶりに南 佳孝のアルバムです。私にとって南 佳孝の音楽は70年代~80年代のアルバムがやはり思い入れが強く、90年代以降にリリースされたアルバムというのは正直あまり聴いていません。そんな中で私の所有している数少ない90年代にリリースされたアルバムが、1996年にリリースされた『ANOTHER TOMORROW』です。
このアルバムを購入したきっかけは、何と言っても初期の楽曲「ピストル」、「日付変更線」、「夜間飛行」、「プールサイド」が新録音で収録されていたからです。特にセルフカヴァー集ということでもありませんが、私の好きな70年代の楽曲を新録音で聴けるのはやはり魅力的でした。
L.A.録音と国内録音による全9曲で、編曲は井上 鑑、David Garfield、松浦 晃久&今 剛、竹下 欣伸が手掛けています。

参加しているミュージシャンは、国内録音には江口 信夫(ds)、山木 秀夫(ds)、高水 健司(b)、土方 隆行(g)、今 剛(g)、井上 鑑(key)、松浦 晃久(key)等、L.A.録音にはGregg Bissonette(ds)、John Pena(b)、David Carpenter(a-b)、Chuck Domanico(a-b)、Michael Landau(g)、Ricardo Silveira(a-g)、David Garfield(key)等が参加しています。

『南 佳孝 / ANOTHER TOMORROW』
01. MAIL of Life
02. 日付変更線
03. 二人の波間
04. 夜間飛行
05. 夜明けの扉
06. プールサイド
07. ピストル
08. I Love You
09. 上を向いて歩こう

南 佳孝の場合、確固たる音楽の世界がありますからどんな時代のアルバムであっても、心地良く安心して聴けます。サウンド的には過去にも色々と趣向を凝らした作品は存在しましたが、それでもその中心には南 佳孝の音楽観は存在していましたし、それが南 佳孝の最大の魅力だと思います。
本作でもそのスタンスは変わっていません。アルバムを通してソフト&メロウな世界が広がっています。私の大好きなアルバム『SOUTH OF THE BORDER』に収録されていた02、04、06の3曲は特に思い入れの強さゆえ、David Garfieldがどう料理するのかが楽しみな反面、オリジナルのイメージが壊されかねない不安もありました。
しかし、その不安は杞憂でした。と言うのもひとたび南 佳孝が歌えば、そこには紛れも無い南 佳孝の世界が存在するのです。つまりどんなアレンジ、演奏にも負けないヴォーカルの存在感を南 佳孝は持っているということなんでしょうね。

精神的、肉体的に疲れを感じた時などに南 佳孝のアルバムを聴くと癒されますし、この『ANOTHER TOMORROW』もその例外ではない1枚です。

曲毎のレビュー等はまた別の機会に、Part.2として書きたいと思っています。ということで今回はこの辺でお茶を濁させて下さい(笑)
[PR]
by kaz-shin | 2008-05-14 00:34 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(6) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/7933705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うぃんどおやぢ at 2008-05-14 23:31 x
南佳孝のけだるい感じがとても好きです。普通の日本人には無い感覚がとてもムードを醸し出してくれるので。
Commented by kaz-shin at 2008-05-18 00:57
うぃんどおやぢさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなり、申し訳ありませんでした。
大学生の頃、佳孝さんの音楽を聴いて自分が大人になったような気分に
浸ってました(笑)
そして50歳間近になって、本当の佳孝さんの渋さみたいなものがようやく
分かってきたような気がします。
Commented by WESING at 2008-05-24 22:00 x
南佳孝さんはCD選書盤で10枚ほど揃えてますが、
その他のCDは近年の数枚程度です。
南さんが歌うボサノヴァが良いんですよね。
Commented by kaz-shin at 2008-05-25 16:54
WESINGさん、コメントありがとうございます。
南さんのアルバムはどれも良い悪いを通り越して、どれも心地良く聴けるものばかりで何を買ってもハズレが無いです。
私も少しずつですが、集めたいなと思っています。
Commented by hisa at 2011-10-01 23:45 x
お久しぶりです。
今日、鎌倉の歐林洞のライブに行ってきました。
ギターとピアノの弾き語りで2時間弱、まさに独特の世界でリラックスした気持ちになりました。アルバムは2枚ほどしかもっていないですが、私も少しずつそろえようと思います。
歐林洞はカフェの2Fの百人ほどのライブ空間でホントに身近で聴けるのでいいです。
Commented by kaz-shin at 2011-10-02 23:57
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お久しぶりです。お元気でしたか?

生で聴く佳孝さん、しかもアコースティックなサウンドというのは何とも羨ましい限りです。
きっとリラックス出来る空間だったんでしょうね。
まだ佳孝さんは生で聴いたことが無いので、機会があれば足を運んでみたいものです。
<< 児島 未散_ベストフレンド ページトップ 母の日と「相棒-劇場版-絶体絶命!」 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon