Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
CANDEE_CANDEE ◇ 2008年 06月 03日
e0081370_21202257.jpg 

今回紹介するのは、その美しいコーラス・ワークで数多くのアーティストのレコーディング・セッションやライブをバック・アップしてきたCANDEEこと高尾 のぞみが、1988年に発表した唯一のアルバム『CANDEE』です。彼女のお兄さんである高尾 直樹もコーラス要員として数々のセッションで活躍されています。

CANDEEは1990年代以降、数多くのセッションに参加していますが、特に山下 達郎や松原 正樹といった一流アーティスト、ミュージシャンにも信頼されていたシンガーでした。"でした"というのは、1990年代中頃にあの林田 健司と結婚。一時期はCANDEE 林田と名乗っていたこともありました。
しかし、1998年に病気で急逝。天使の歌声と評されていた彼女は、本当に天に召されてしまいました。

そんなCANDEEが唯一残してくれたフル・アルバムは、AORやR&Bの要素を取り入れ、CANDEEの歌の素晴らしさを堪能出来ます。
曲を提供いているのは、野呂 一生、崎谷 健次郎、楠木 勇有行、北野 誠、南部 昌江。そしてCANDEE自身も2曲書いています。アレンジは、野呂 一生、崎谷 健次郎、梁 邦彦、倉田 信雄、そして以前私のブログにコメントを頂戴したことのあるギタリスト、杉山TOM(過去記事はコチラ)の5人が手掛けています。所有しているCDには残念ながらミュージシャン・クレジットの記載が無い為に詳細は分かりませんが、腕利きが揃っていることは間違い無いでしょう。

『CANDEE / CANDEE』
01. FOR YOU
02. あなたがいるから ~Your Love Keeps Gettin' Better~ (日本語ヴァージョン)
03. BABY TONIGHT
04. BREAK OUT
05. JUST LOVIN' YOU
06. HEAVEN'S WHERE WE ARE
07. HERE FOR YOU
08. I'M GLAD
09. WATER FRONT EXPRESS
10. FAMILY
11. あなたがいるから ~Your Love Keeps Gettin' Better~ (英語ヴァージョン)

作詞:CANDEE、作・編曲:野呂 一生によるPOPなナンバー01。タイトなリズムが印象的な曲で、おそらく演奏はカシオペア関連だろうと思います。間奏のギター・ソロやスラップ・ベース等聴き所もたっぷりです。

キャッチーなメロディーと軽やかなリズムが心地良い02は、洋楽カヴァー(オリジナルについては詳しくは分かりませんが・・・)です。杉山TOMのAOR色の強いアレンジが秀逸です。

作詞・曲:CANDEE、編曲:杉山TOMによる英語詞のナンバー03。決してメロディアスとは言い難い曲ですが、独特の雰囲気を持った曲です。サビ部のコーラス・ワークの声の美しさが際立っています。

作詞:岩里 祐穂、作・編曲:崎谷 健次郎による04は、ガールズ・ポップといった趣のある明るいPOPナンバーです。聴けば聴くほど癖になる、そんなタイプの1曲ですね。

作詞:佐藤 純子、作・編曲:野呂 一生、ストリングス編曲:倉田 信雄によるミディアム・バラード・ナンバー05。美しいメロディーを持った曲です。しっとりと歌うCANDEEのヴォーカルも素晴らしいですよ。

作詞:Jessie、作曲:楠木 勇有行、編曲:杉山TOMによるAOR色の強いデュエット・ナンバー06。英語詞でメロディーもまさにAOR!アルバム中で1番好きなナンバーです。楠木 勇有行の作曲センスが光るナンバーです。デュエット相手も記載されていませんが、おそらく楠木 勇有行かお兄さんの高尾 直樹ではないかと思います。CANDEEの実力を感じる1曲。

07も洋楽カヴァーのようですが、オリジナルは知りません。ビートを効かせたR&B色の強いナンバーです。シンセを上手く使ったアレンジは杉山TOMです。

CANDEEの作詞・作曲、梁 邦彦のアレンジによる08。この作曲もAOR色の強いバラード・ナンバーですね。サビのメロディーがお洒落でインパクトが強いのが特徴と言えるでしょう。この曲の良さは梁 邦彦のアレンジによるところが大きいと言えるでしょう。

FUNKYなナンバー09は、作詞:三浦 徳子、作曲:北野 誠、編曲:杉山TOMです。CMとのタイアップ曲だったようです。難しい曲という印象があるのですが、サビのインパクトは強烈です。CMに使われたのも頷けます。

作詞:CANDEE / 松宮 恭子、作曲:南部 昌江、編曲:倉田 信雄によるナンバー10。柔らかいという表現がぴったりなメロディーと歌声が印象的なバラード曲ですね。ストリングスとコーラス・ワークの美しさが際立った1曲です。

02の英語ヴァージョン11。

正直なところ、CANDEEの歌声に関してはメイン・ヴォーカルとして歌っている時よりもコーラスの時の歌声の方が好きなんです。だからと言ってヴォーカルが良くない訳では無くて、AOR色の強い曲やFUNKYな曲、そしてしっとりしたバラード曲に至るまでサラッと歌いこなしてしまうポテンシャルの高さには驚かされます。それでもコーラス・ワークにおいて、あの山下 達郎や松原 正樹が彼女を好んでセッションで起用したのは、やはりコーラスでの彼女の歌声にあったような気がします。CANDEEが亡くなった時には、山下 達郎も松原 正樹もかなりショックだったらしい話を聞いたことがあります。もちろん1番ショックだったのはご主人だった林田 健司かも知れませんが・・・。
この記事を読んで興味を持って下さった方もいるかも知れませんが、現在は入手困難だと思います。BOOK OFFなどの中古店で、もし見かけたらぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2008-06-03 00:02 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(12) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/8057264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-06-03 14:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2008-06-05 00:46
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
コメント頂いた件は了解しました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by づんじ at 2008-06-05 20:52 x
こんにちは。
このアルバム、クレジットの記載が無いので、演奏者を想像しながら聴くのも楽しいですね。
CANDEEさんの歌声大好きです。
やはりコーラスで優しく包み込んでくれるような歌声の方がスキです。
Commented by Sugar Time at 2008-06-05 23:08 x
こんばんは!
この方は全く存じませんでしたが、すごーく気になります。
この頃、バブル末期の女性シンガーであまり知られていない方って、個人的にはほとんどハズレがありません。
こちらでも紹介されていた川島みきさんや児島未散さん、それに中里あき子さん、丸山みゆきさん、木村恵子さん、岡部東子さん・・

CANDEEさんも、なんとか探して聴いてみたいと思います。
新たな目標ができてよかったです(^-^)
Commented by kaz-shin at 2008-06-06 01:29
づんじさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私もCANDEEさんの歌声、特にコーラスの歌声が大好きです。
もうこの歌声が聴けないのが残念だと思う反面、この唯一残されたアルバムが多くの人の耳に届くように再発して欲しいものです。
Commented by kaz-shin at 2008-06-06 01:33
Sugar Timeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
CANDEEさんをご存知無くてもおそらくコーラスでの歌声は聴いたことはあると思いますよ。
アルバムはこの1枚だけというのは、おそらくフロントで歌うよりもコーラスで歌っていることの楽しさを感じていたのかも知れません。
機会があったらぜひ聴いてみて下さい。
Commented by them at 2008-10-22 16:12 x
遅いコメントで失礼します、themと申します。

candeeさん、亡くなっていたのですね。

友人がダビングしてくれたテープを持っていましたが、
いつの間にかなくしてしまいました。

「Family」が好きでしたが、
曲目リストを見ていたら、他の曲も思い出しました。

なつかしかったです。
ありがとうございました。
Commented by kaz-shin at 2008-10-24 23:33
themさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
こんなに拙い文章のレビュー記事ですが、themさんの何らかの役に立てたのなら本当に嬉しいです。
アーティストはその命が尽きようとも作品は残りますから、ずっとずっと聴き続けることで
いつまでも胸の中で輝き続けてくれるのでしょうね。
Commented by げんやくん at 2008-12-21 16:59 x
はじめまして、このアルバムのレビューがあることにびっくり、なによりもCANDEEさんがお亡くなりになっていることに驚きです。自分もこのアルバムは持っています!!とてもいいアルバムでいまでもたまにきています。当時、よくCindyさんと間違えられました。Cindyさんも好きでよくきいたんですが、あの方もお亡くなりになられたそうです。とても残念です。まだ若くてこれから活躍をきたいしていたかたがたが・・・
Commented by kaz-shin at 2008-12-22 19:12
げんやくんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ようこそマニアックなブログへ(笑)
仰るようにCANDEEさんもCindyさんも、曲が書けますし、コーラス要員としても活躍していたという点では似ていますね。
しかもお二人とも若くして天に召された・・・。
確かにこれから先彼女達の歌声を聴くことは叶いませんが、残してくれた
音源を大事に聴き続け、
彼女達のことを忘れないでいることが大切なのかも知れません。
どこかにそんな思いもあって書いた記事でした。
Commented by yaichi at 2011-09-09 00:52 x
はじめまして。
25年前、CANDEEと仲良く飲みにいったりする仲でしたが、私の結婚の際、色々あり縁遠くなっておりました。
でもたまに、素敵な歌声と素直な性格の彼女を思い出したり、CDもかけたりと日々過ごしておりました。

たまたま、娘が結婚式の話を教えてほしいというので話していた際、CANDEEの事を思い出し、今どうしているのだろうとネットサーフィンして、こちらを見つけました。

亡くなられていたなんて本当にショックです。

まだ、彼女がCDデビューする前から、彼女のまっすぐで素直な性格が気が合い友人関係でした。

ちょっとしたすれ違いから会えなくなってしまった友達が亡くなれた事を知る事ができてよかったです。ありがとうございます。

彼女の歌声は永遠です。そして英語の発音も一生懸命学んでいた彼女を思い出すと、日々努力を怠ってはいけないと思いました。

もっともっと公になるべき人だったと思いますし、女版クボタになれるのは彼女しかいないと今も思っています。

ご冥福をお祈りいたします。
Commented by I Feel Coke^.~ at 2012-09-01 23:43 x
こんにちは!!
CANDEEさん詳細なレビュー本当によく見ました‾ このごろうんと CANDEEさんに惚れてアルバムも購入して CANDEEさんの情報を捜してみています‾ CANDEEさん声は本当に何か表現することができない位妙です..
またアルバムも一枚だからもっと資料を集めたいです!! なにとも CANDEEさんが参加した他のアーティスト情報をご存じの方は分かっている情報をお知らせ下さい!! お願い致します><
<< 須藤 薫_CONTINUE ページトップ LARRY CARLTON_C... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon