Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
岩崎 元是 & WINDY_HEART WASH ◇ 2008年 08月 11日
e0081370_21321527.jpg 

今回は、本当に久しぶりに"CD化してくれ!"のカテゴリの記事です。正確には"再発してくれ!"なんですけどね・・・。
今回紹介するのは、この8月8日にミニ・アルバム『Summery』がリリースされているにも関わらず、予約したAmazonから未だにCD化が届かなくてヤキモキさせる岩崎 元是が、1986年に岩崎 元是 & WINDYというグループでデビューした時の1stアルバム『HEART WASH』です。
以前紹介した彼等の2ndアルバム『From South Avenue』(1987年)は、何とか中古店で発掘することが出来たのですが、この1stだけはなかなか見つかりません。たまにオークションにも出品されるのですが、いつも競り負けてしまいます(汗)
いつか入手してやると密かに闘志を燃やしていると同時に、何とか再発してくれないかと切に願っているのが、この隠れた夏の名盤『HEART WASH』なんですね。私にとって夏には欠かせない1枚なんですが、現在は友人が持っているレコードを借りてデジタル化して楽しんでいる次第です。
手前味噌ですが、結構良い音でデジタル化出来たので満足はしているのですが・・・。でもやはりCDが欲しい!!(笑)

WINDYは、リーダーの岩崎 元是(vo, g)を始めとした稲葉 真弘(key)、村中 義仁(b, per)、関 和則(ds)の4人組。どことなく杉山 清貴を彷彿させる岩崎のヴォーカルと、彼の書く捻りの無いキャッチーかつストレートなメロディー・ラインは、とても爽やかですんなりと耳に馴染んできます。ナイアガラ・フォロワーとも言われている岩崎 元是の作る楽曲は、実に爽快でナイアガラ・サウンドが好きな人をも魅了すると思います。
アルバムを紹介する以上、より沢山の人にこの爽やかさを感じて欲しいのですが、如何せん入手困難な状態です。だからこそ"CD化(再発)してくれ!"と大きな声で叫びたい!

『岩崎 元是 & WINDY / HEART WASH』
01. 夏の翼
02. My Favorite Girl
03. 壊れたままのLonely Night
04. Strings-1
05. Parking
06. School Days
07. 風のStaition
08. Blue Monday
09. 涙のクラクション
10. Strings-2
11. 二人だけのシンフォニー

記念すべきデビュー・シングル01。初めてこのアルバムを聴いた時、1曲目のこの曲だけで降参状態でした(笑)。名曲です。岩崎 元是の一人多重コーラスで始まるこの曲、今の時代でもビールや清涼飲料水、航空会社に夏のキャンペーン・ソングに使われても違和感の無いような爽快感溢れるポップ・チューンです。イメージ的には、太陽が照りつける真っ白な砂浜に立ち、目の前に広がるマリン・ブルーの海を見ている。ちょっと強めの海風が何とも言えず心地良く体を包んでくれているといった感じでしょうか・・・。間奏のサックス・ソロはおそらくジェイク・H・コンセプションでしょう。彼のソロは実に夏を感じさせてくれて、曲を盛り上げています。

02も多重コーラスで始まります。オールディーズ風な味わいのアレンジと、どことなく歌謡曲チックな馴染み易いメロディーが印象的なミディアム・ナンバーです。特にサビのメロディーは、私と同年代の方は何とも言えぬ郷愁みたいなものを感じることでしょう。

いかにもナイアガラ・フォロワーらしさを感じるミディアム・バラード・ナンバー03。曲の雰囲気はまさに大瀧 詠一の『LONG VACATION』に通じるものがあります。派手さはありませんが、ベースのプレイなど緻密にアレンジされていると思います。80年代の音楽の楽しさをよく知っている岩崎 元是らしい作品かも知れません。

02を重厚なストリングスで奏でたインタルード的な小曲04。

『LONG VACATION』の中の「雨のウェンズデイ」に通じる名曲05。これも本当に良い曲です。おそらく意識的に「雨のウェンズデイ」を意識して書いた曲だと思います。雨というキーワードも一緒ですし、夏の暑さをクールダウンしてくれるような涼しげな雰囲気もそっくりです。これ以上分かりやすく出来ないであろうというキャッチーなメロディーが最高です。

切なさの募るバラード・ナンバー06。誰にでも甘酸っぱい学生時代の想い出があるのではないでしょうか・・・。そんな青春の1ページをめくってくれる曲です。ストリングスの美しい調べが印象的な1曲です。

多重コーラスの使い方が実に上手い曲07。このコーラスがタイトルにある"風"を感じさせてくれます。メロディーは昭和歌謡といった趣があって、初めて聴いた時もどこか懐かしさを感じたのを覚えています。昔のTVドラマの挿入歌とかに似合いそうな曲です(笑)

彼女と楽しく過ごした週末。しかし、もう日曜の深夜・・・。夜が明ければ退屈な日常が待っている。そんなマンデイ・ブルーを歌った08。都会的でありながらも何とも言えないような気だるい感じのアレンジが秀逸です。これも大好きな1曲です。この曲は達郎の「Monday Blue」にインスパイアされたのかも知れませんね。

またもナイアガラ・サウンドが炸裂する09。初期の須藤 薫の音楽を思い起こさせるようなオールディーズ風なミディアム・ナンバーです。須藤 薫が歌っても絶対に似合う曲だと思います。

09を重厚なストリングスで奏でたインタルード的な小曲10。

80年代の香りがプンプンと匂ってきそうなポップ・チューン11。最近ではほとんど聴けなくなってしまったタイプの曲のひとつかも知れません。私個人的には、チェッカーズを思い出させる曲なんですよね。何故かは説明出来ません!何となくです(笑)

自信を持って推薦出来るアルバムですが、入手困難というのが実に残念です。しかし、そんな岩崎 元是が2007年に20年ぶりとなるアルバム『FOR A LONG TIME』をリリースしました。これが今の時代にあえて80年代の音楽を蘇らせた傑作です。岩崎 元是の魅力はこのアルバムでも十分理解して頂けると思います。こちらはまだ入手可能だと思いますので、興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。
そしてまだ手元に来ない新譜(ミニ・アルバム)のジャケットは↓のような感じらしいです。
e0081370_23181190.jpg

どうですか?聴いてみたくなりません?
[PR]
by kaz-shin | 2008-08-11 23:20 | CD化してくれ! | Trackback | Comments(14) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/8453265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まつのすけ at 2008-08-11 23:58 x
岩崎元是さんって、岩崎文紀さんの弟さんだったんですね。ZOOのアルバムのアレンジを手掛けたお兄さんについて調べたときに、初めて知ったのですが。私はトライアングル系の華やかな感じの音の方が好きなのですが、Airレーベル時代の達郎さんっぽい感じなら聴いてみたいですね。記事やジャケットから、デビュー当時のTUBEや村田和人さんなんかもイメージしてしまいましたが(笑)
Commented by macky023 at 2008-08-12 01:01
私はゲームサウンドクリエイターとしての彼よりも、
WINDYのメインボーカルとしての彼の方が印象に
強く残っています。当時、東レのCMソングにも
使われていたりしましたから、シングル4曲は全て
覚えています。「まるで天使のように」なんかは
かなりお気に入りでしたが、まさか「眠り続けたい」
がラストシングルになっていたとは…
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2008-08-14 22:55 x
1stからこんな完成度は驚くべき事ですね。1stは勢いや志が溢れている反面どうしてもサウンドががまだ稚拙であったり、方向性が決まっていなくて総花的になってしまうものなのですが(だからと言って価値が減じる訳ではないんですけどね。文学の話ですけど吉本隆明氏が「(その作者の)あらゆる著作は第一作に通ずる」と言う事も言ってる通り第一作の意味は大きい)この岩崎さんとバンドは1stで完成されてると言っても過言ではない、それゆえに2ndでサウンド大きく変えざろうえなかったのでは…と思わせてしまうほどですもんね。11は言われて聞きなおしてみると前奏の「ワァー」というコーラスと泣きのメロ、そして間奏と最後に泣きまくるサックスは自作中心以前芹澤時代のチェッカーズに似てますね。こういう点においてもkaz-shinさんのような専門家だけじゃなく素人の私をも引きつける(幅広い層に訴える)職業作曲家的側面も持ち合わせていた稀有な才能だったんだぁと思わせます。ナイアガラーの愛好者だけに留まらずお勧めできる隠れた大名盤だと思います。
Commented by kaz-shin at 2008-08-16 02:44
まつのすけさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが本当に遅くなってしまい、ごめんなさい。

声は杉山 清貴風、サウンドはナイアガラ系、コーラスは達郎、村田和人風といった感じでしょうか(笑)
でも岩崎さんは、多くの人が気持ち良く聴ける素晴らしいメロディーを書ける人ですから、
ぜひ1度聴いてみて下さい。
Commented by kaz-shin at 2008-08-16 02:48
macky023さん、コメントありがとうございます。
私はゲーム音楽に関する岩崎さんの作品を聴いたことがありません。
でも素晴らしいメロディーを書く人ですから、きっと面白いのでしょうね。
機会があれば聴いてみたいです。でもやはり夏を歌う岩崎さんが1番好きですね(笑)
Commented by kaz-shin at 2008-08-16 03:06
哲学者になりたい猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。
本当に良いアルバムだと思います。
私は決して専門家ではありません(笑)。
そんな普通のオヤジが素直に気持ち良いと思えるメロディーを書ける岩崎さんのセンスは
本当に素晴らしいですよね。多くの人に気持ち良さを感じさせてくれるアーティストですよね。

ところで新譜届きました。近い内に紹介記事書きますね。
Commented at 2008-08-25 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2008-08-25 23:50
鍵コメさん、コメントありがとうございます。
お言葉に甘えちゃっても良いんですか?
もしよろしければ、鍵コメで連絡先教えて下さい。
よろしくお願いします。
Commented at 2008-08-26 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2009-03-05 16:27 x
そうか、このアルバムの発売からもう22年年も経つのか。
この場でみんなに勧めても、試聴する手段がない事を歯がゆく思われているkaz-shinさんの気持ちがよく分ります。
特に1曲目は今回のミニアルバムのアカペラ・ジングルにも収録されているように彼にとっても特別な楽曲なのでしょう。
ホント、是非皆さんに聞いてほしいアルバムですね。
Commented by kaz-shin at 2009-03-05 19:07
雅さん、はじめまして(ですよね?間違っていたらごめんなさい)。コメントありがとうございます。
岩崎さんの20年ぶりの新譜のリリースは本当に嬉しかったです。と同時に当時と変わらない音楽スタイルと歌声に感動しました。
このブログで紹介しているアルバムの中には、入手困難なものが含まれているのですが、個人的には皆さんに聴いて欲しいなと思うものばかり・・・。
出来たらコロンビアのオンデマンドCD方式のように、注文があったらCD-Rに焼いて届けてくれるようなサービスを
レコード会社各社が提供してくれると良いなと思います。
Commented at 2011-10-28 13:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2011-11-03 02:18
鍵コメ様、コメントありがとうございます。
驚きと感激で一杯です。
良い音楽は残していって欲しいと常々思っておりましたが、またひとつ形になることは本当に嬉しく思います。
Commented by まこっつぁん  at 2012-09-05 18:04 x
kaz-shinさん、ご無沙汰してます。
2012年6月に夢がかなっていたんですね。

The all songs of WINDY  
岩崎元是&WINDY(1986~87)

車でいつも聴いています~!
また一つ歳はとりましたが、
聴きまくって生きましょう~!

<< JIVE_COOKIN' ページトップ 藤田 朋子_COLORS OF... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon