Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
STARDUST REVUE_STARS ◇ 2008年 08月 24日
e0081370_1945313.jpg 

最近、当ブログの検索ワード・ランキングに必ずランクインしているワードが、"スターダストレビュー 夢伝説"なんですね。現在、CMのキリンチューハイ「氷結ZERO」でスタレビの「夢伝説」が使われている影響なんでしょうね。以前も石川 さゆりの「ウイスキーが、お好きでしょ」もCMで流れた途端に、検索ワード・ランキングの上位を占めました。やはりTVの影響というのは大きいですね。
現在CMで流れている「夢伝説」は、新たに録音されたバージョンで8月27日にシングルとしてリリースされます。私が以前取り上げたシングルは(過去記事はコチラ)、オリジナル・バージョンです。

そこで今回取り上げるのは、スターダスト・レビューが2000年にリリースした通算24枚目で、ベスト・アルバムとしては5枚目となる2枚組ベスト・アルバム『STARS』です。20周年をという区切りの年だったこともあり、サービス精神旺盛なスタレビですから、単なるベスト盤ではありません。Disc.1が90年代にリリースされたシングル曲16曲をリリース順に収録されており、Disc.2は、ライブではお馴染みのナンバーをスタジオ・ライブという形で新録音した14曲が収録されています。
私個人としては、三谷 泰弘が脱退した1994年以降の音楽はあまり聴いておらず、Disc.1に関しては馴染みの無い曲が多いのも事実なんですが、Disc.2に関してはライブでもお馴染みの曲ばかりですし、スタジオ・ライブということもあり、Disc.2がお気に入りになっています。これも個人的な感想ですが、スタレビ以上に楽しいライブを観せてくれる、聴かせてくれるバンドはいないと思っています。観客こそ入っていませんが、彼等の魅力が詰まっているのがDisc.2という気がします。

『STARDUST REVUE / STARS』
e0081370_2019034.jpg 

Disc.1 Matinee -マチネ-
01. 君のすべてが悲しい
02. こしゃくなレディ
03. 瞳の中の天国
04. 追憶
05. もう一度抱きしめて
06. 木蘭の涙
07. クレイジー・ラブ
08. ふたり
09. 会えないよ
10. Get Up My Soul
11. もうチョットだけ何か足りない
12. 愛してるの続き
13. 何やってんだろう
14. 7月7日
15. ワイン恋物語
16. どうして

e0081370_20393927.jpg 

Disc.2 Soiree -ソワレ-
17. Overture "Stars"
18. Northern Lights -輝く君に-
19. Be My Lady
20. Stay My Blue -君が恋しくて-
21. もう一度ハーバーライト
22. 今夜だけきっと
23. ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
24. 銀座ネオン・パラダイス
25. 銀座カンカン娘
26. 東京ブギウギ
27. 上を向いて歩こう
28. 木蘭の涙
29. 夢伝説
30. Stars

曲数が多いので何曲かピックアップしてレビューします。私的に思い入れが強いDisc.2の"Soiree"が中心となりますが、ご容赦下さい(笑)
私が大好きな曲で言えば、22、23、24、25、26、28、29といったところでしょうか。22は名曲ですね。ここでのバージョンは弦楽四重奏の演奏をイントロに加えています。根本 要の書いた曲の中ではベスト3に入る位に好きな曲です。
23~26の4曲は、初期のスタレビが好きな人にはたまらない曲ばかりです。「夢伝説」や「木蘭の涙」のような曲でスタレビを知った人には、多少違和感があるかも知れません。しかし、昔から聴いていた人にはこの23~26がスタレビらしいと感じる曲です。ライブで盛り上がる定番曲23。タイトルの長さが話題になった曲です(笑)
昭和初期の歌謡曲を彷彿させる24。スタレビお得意のブギウギ・ナンバーです。これもライブで聴くと本当に楽しい1曲ですね。
25は本物の昭和歌謡です。大作曲家・服部 良一の作品で、1949年に高峰 秀子が同名映画の主題歌として発表された曲です。スタレビはこの手の曲を歌わせると本当に上手いですし、よく似合います。スリリングな演奏が楽しめます。
26も昭和歌謡です。やはり服部 良一の作品で、こちらは1948年に笠置 シズ子が歌って大ヒットしたナンバーです。ご存知の方も多いでしょう。いかにも楽しそうに演奏、歌っているスタレビの面々の顔が浮かんできます。
今ではスタレビの代表曲として知られる、ベースの柿沼 清史が書いた名曲28。弦楽四重奏の演奏をフィーチャーしたアレンジになっています。どこか懐かしいようなメロディーが印象に残る曲です。
個人的に最も思い入れの強いのが29です。実はこの曲を今から20年前、私の結婚披露宴の時に新郎新婦の入場の時に使いました。もちろん歌詞入りのオリジナル・ヴァージョンを(笑)。イントロのシンセの重厚なサウンドに、列席して下さった方々は驚かれたようですが、意外にも評判が良かったです。そんな思い出深い1曲になっています。ここでの演奏はいつものライブでの演奏とほぼ同じものです。やはり名曲ですね。

「木蘭の涙」辺りからスタレビを知った人や、最近のCMで興味を持った人にとっては、割と入りやすいベスト盤だと思います。スタレビのライブを経験したことの無い人達には、Disc.2を聴いてもらえればこういう曲も演奏しているのかと分かってもらえると思います。
しかし、本当のスタレビの魅力は、CDを聴いただけでは分かりません。機会があったらぜひライブへ出かけてみて下さい。曲なんか知らなくても楽しませてくれる、それがスタレビです。
[PR]
by kaz-shin | 2008-08-24 21:30 | ベスト盤 | Trackback | Comments(8) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/8513504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by macky023 at 2008-08-26 02:09
スタレビというと、どうしても要氏のしゃべりが印象に
残っているのですが、「もう一度抱きしめて」なんか
好きですなぁ。
Commented by ぎっちゃん at 2008-08-26 15:11 x
スタレビ好きですよ~。SUPER DONUTS をレコードで買ったのが初めでした。今夜だけきっとを初めて聴いた時、体中さぶいぼが出たのを憶えております。私も、三谷さんが脱退してからのスタレビはもう一つかなと思っていますが、ファンは続けております。
ライブには行った事はないのですが、ライブDVDを見ても、その楽しさは伝わってきますね。ちなみに、先日BOOK OFFにて、中山美穂の CATCH THE NITE ゲットしました!本当に角松フレーバー溢れるナイスなアルバムでした。佐藤 博さんの曲もイイ!良いものを紹介して頂き感謝、感謝です!
Commented by kaz-shin at 2008-08-27 22:51
mackyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
確かに要さんのMCはミュージシャンのMCではないですね。
どちらかと言うと咄家に近い感じがします(笑)
私は歌うギタリストとしては日本一ではないかと思ってます。
あれだけ歌いながら弾ける人は少ないでしょう。
そう言えば、昔はライブでしょっちゅうバック宙とかも披露してました。
元気な人ですな。
Commented by kaz-shin at 2008-08-27 22:55
ぎっちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
スタレビがすきだったんですね!嬉しいです。
前にも書きましたが、ライブを観て"楽しかった"と思えたのはスタレビだけです。
"良かった"と思えるライブは沢山ありますけど、心底"楽しかった"と思わせるスタレビは凄いと思いますね。

美穂さんのCD、安く入手出来ましたか?
気に入って頂けたのなら、少しはお役に立てたんですね。嬉しいです。
Commented by PON at 2008-08-29 21:54 x
すっかり遅くなってしまいましたが、
スタレビと聞いて黙っていられず、コメントします(笑)。

ちょうど、スタレビのファンになったのが、
この「Stars」リリースの頃だったので、
もう8年になるのか~としみじみしています。

披露宴で「夢伝説」良いですね!!
Disk1-8曲目の「ふたり」もよく使われているみたいです。
Commented by kaz-shin at 2008-08-29 23:18
PONさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
スタレビの良さをアルバム・レビューで何回も語るよりも、1度ライブを観てもらった方が説得力があるのですが・・・(笑)
レコーディングされたものより、同じ曲でもライブの方がはるかに良く聴こえるのがスタレビなんですよね。
彼等ほど楽しそうにライブで演奏して、歌ってるアーティストは他にいないでしょう。
そんな彼等の気持ちが聴く側にも伝わってきて、相乗効果でライブが楽しいものになっていくのだと思います。
ずっと活動を続けて欲しいバンドですね。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2008-10-06 22:03 x
もう検索では落ち着いた頃でしょうか(笑)残念ながら都合が付かなかったりでライブはまだ経験がなくかなり前にラジオの公開録画のミニライブしか経験がないのですがそれでもあの唯一無二の歌声とハーモニーの音楽と並みのお笑いを超える根本さんのトーク(笑)だけでもkaz-shin さんを含む音楽通の方々や音楽関係者がライブを絶賛するのは分った気がしました。先々月だだったか「みゅーじん」と言う番組でライブの模様を特集されていましたが、ライブにかける情熱と維持する努力が伝わってきました。番組内でヒット曲が一曲も無いけどと自虐ギャグを言っていましたが(「ムーンライダースも同じギャグをよく言ってますが(^_^;)ヒット曲で計れないこういう人達の活躍出来る場所が今後の音楽界にも残っていて欲しいものですよね(またそういう新しい人達が出てこれることも)必ず近いうちに絶対ライブに行くぞと心に決めています。ところで私の勝手な思い込みだとは思うですが、このブログのタイトルを考える際kaz-shin さんスタレビの曲(「トワイライト~」)も着想の素の一つだったんですか?
Commented by kaz-shin at 2008-10-08 22:20
哲学者になりたい猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみませんでした。
実は"スタレビ"の検索ワードは、今でもベスト10に入っています。
それより先日TVで放映された堺正章さんとTOKIOの歌番組の影響だと思うのですが、
ここ数日はコーラス・グループ"EVE"の検索件数が凄いです(笑)
やはりTVの影響っていうのは凄いですね。

スタレビの場合、レコーディングされたものよりライブで聴く方が同じ曲でも数倍良く感じます。
ぜひとも彼等のライブを体験して下さい。本当に楽しいライブですよ。

"Avenue"っていう響きが好きで、ブログを始める時にAvenueを使いたいと思ってました。
「トワイライト・アベニュー」の影響も確かにありましたよ(笑)
<< 桑名 正博_NEW BEST ページトップ 米米CLUB_SORRY MU... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon