Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
武川 雅寛_とにかくここがパラダイス ◇ 2008年 09月 01日
e0081370_23191181.jpg 

最近、バタバタした毎日を過ごしておりまして、なかなかじっくりエントリー記事を書く時間的な余裕がありません。
こんなに拙い記事にも関わらず、毎日のように覗いて下さる皆さんに本当に感謝の気持ちで一杯なんですが、暫くは手抜きの感が否めない内容になると思います。どうかご容赦下さい。
拙い文章に加え、手抜きの記事では最悪ですよね・・・(恥)

今回紹介するのは久しぶりのインスト系のアルバムです。一応FUSIONのカテゴリとしてのエントリーですが、夏向けの爽やかで聴き易いアルバムですよ。
ムーンライダーズのバイオリニストである武川 雅寛が1982年にリリースした1stソロ・アルバム『とにかくここがパラダイス』。早く紹介しないと夏が本当に終わってしまいそうなので、今回の登場となりました。
このアルバムの1番の特徴は、収録曲全12曲の半分の6曲がベンチャーズのカヴァーだということでしょう。武川 雅寛は1950年生まれですし、ムーンライダーズの面々も同世代ということになれば、ベンチャーズの影響を強く受けていたであろうというのは頷けますね。ビートルズ同様、ベンチャーズもまた日本のミュージシャンに多大な影響を与えたグループであろうと思います。
このアルバムで演奏されている6曲のベンチャーズ・ナンバーは、武川をはじめムーンライダーズのメンバーの面々のベンチャーズへの愛着というものを感じることが出来ます。さながら"Moonriders Meets The Ventures"といった趣きのあるアルバムです。
他にもビール(だったかな?)のCMソングに起用されたアルバム・タイトル曲「とにかくここがパラダイス」も、スティールドラムの響きが心地良く、夏の暑さをクールダウンしてくれるようなナンバーです。
FUSIONという堅苦しさもなく、リラックスして聴けるインスト集、BGM集という感じで、個人的にはお気に入りの1枚になっています。

『武川 雅寛 / とにかくここがパラダイス』
01. とにかくここがパラダイス
02. ダイアモンド・ヘッド
03. Young Sailing
04. 10番街の殺人
05. バルカン特急
06. 夢のマリナー号
07. 青い渚をぶっとばせ
08. 海の百合
09. クルーエル・シー
10. 夕陽をみている蟹
11. トゥワイライト・ゾーン
12. 渚のアンビエント・ミュージック
[PR]
by kaz-shin | 2008-09-01 23:45 | FUSION系 | Trackback | Comments(4) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/8553229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gunts at 2008-09-02 17:23 x
うわー懐かしいです。
コレ、アルバム買いました。
高校生だったんですけど、当時、ちょっとヴェンチャーズに入り込めなくって・・・。買った割にはあんまりターンテーブルに乗らなかったなー。
当時はあのジャケがまたよくってねー。
ムーンライダーズは好きだったんですけど、(それでもちろん買ったんですけど)そんなにくじらさんの事は知らなくってねー。
あー今夜、久しぶりにレコード探してみますわ。
Commented by kaz-shin at 2008-09-03 22:17
guntsさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまいました。すみません。
私が小学校の頃、親しい友人のお兄さんがベンチャーズに狂ってまして、
遊びに行くといつもベンチャーズの音楽が流れていて、自然と曲も覚えてしまいました。
ベンチャーズは云わば私の最初のインスト系音楽との出会いなんですね。
このアルバムもベンチャーズのカヴァーが収録されているという点でも興味を持ちました。
Commented by WESING at 2008-09-05 14:54 x
当時、このアルバムに気づいていたかどうか忘れてしまったけど、
'82年に聞いたアルバムをupしていて、このアルバムがアドリブ誌に載っていたことに気が付きました。
ムーンライダーズはあまり聞いてなかったので、鈴木慶一さんと白井良明さんは覚えていたと思うけど、武川さんの名前はまだ認識していなかったかもしれません。
Commented by kaz-shin at 2008-09-07 21:18
WESINGさん、コメントありがとうございます。
私も発売された当時はノーマークだったアルバムです。
CD選書でリリースされた時に購入して、初めて聴きました。
<< 和久井 映見_PEARLY ページトップ 懐かしきカセット・テープ・・・。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon