Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
刀根 麻理子_Vois de L'âme ◇ 2008年 12月 30日
e0081370_22282833.jpg 

おそらく今回の紹介記事が、2008年最後の記事になると思います。今年は5月頃より更新ペースを落として、週に2~3件の更新になっています。
もっと頻繁に更新出来れば良いのですが、年齢からくる肉体的な衰えや集中力の欠如の為に今のペースに落ち着いています。
それでも本当に沢山の皆さんに訪れて頂き、またコメントも沢山頂戴しました。拙い文章の記事にも関わらず沢山の方が訪れて下さっている事実は、やはり大きな喜びであり、励みでもありました。
この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。また来年も出来る範疇で頑張っていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い致します。

さて今年最後に紹介するのは、ごく最近聴くようになり、今1番嵌っているアーティストである刀根 麻理子が1990年にリリースした通算7枚目となるアルバム『Vois de L'âme』です。
12月12日の記事で、私と刀根 麻理子との出会いのアルバム『FOR YOU・・・』(1987年)を紹介しましたが、その素晴らしい歌声に驚き、たちまち惚れ込んでしまいました(笑)
そして、皆さんに色々アルバムをお薦め頂いて、早速ですが『NATURALLY』、『JUST MY TONE』、そして『Vois de L'âme』の3枚をBOOK OFFをあちこち巡って入手いたしました。この執念が私の長所でもありまして・・・(汗)
今は毎日のようにとっかえひっかえしながら聴いております。それにしても良い声ですね。
大人の女の色気を感じさせるというのか、実に艶っぽい声がたまりません。色気という意味では、門 あさ美を初めて聴いた時以来の衝撃でした。
門 あさ美はストレートなエロっぽさがたまりませんが、刀根 麻理子はごく普通の大人の女性に潜む小悪魔を感じさせるんですね。

『刀根 麻理子 / Vois de L'âme』
01. ソワレの夜 突然に
02. やさしく愛して
03. 写真 ~Un jour d'hiven~
04. La nuit
05. 瞬間のいたずら
06. 夢一途 ~Vois de L'âme~
07. ミストラル
08. Mefie Toi
09. 美しい友だち
10. サヨナラの始まり

You TubeにUpされている音源を紹介して頂いて、聴いた途端にノックアウト状態になった01。とにかくお洒落な曲です。この曲を聴いた時、例え他の収録曲が全てつまらなくてもこの曲の入ったアルバムを買おうと決めました。大好きな曲です。有川 正沙子の不倫をテーマにした歌詞も良いですし、私の好きなアーティストの一人で、今でもCD化を切に願っている山口 未央子のセンスの良いメロディー、打ち込みですが嫌味が無くてセンスの良さを感じさせるRaymond Donnezのアレンジ、何よりも色香漂う刀根 麻理子のヴォーカル、全てが上手く調和した曲だと思います。名曲ですね。

作詞:刀根 麻理子、作・編曲:上田 知華によるリズミカルなミディアム・ナンバー02。上田 知華らしいキャッチーなメロディーと、ラテン風の隠し味を入れた打ち込みのアレンジのバランスが絶妙です。彼との初めてのバカンスに少し浮かれてるという感じを刀根 麻理子が上手く表現しています。

作詞・作曲・編曲:上田 知華による大人の雰囲気が詰まったJAZZYなバラード・ナンバー03。この曲も上田 知華らしい曲で、02よりも上田 知華を感じさせてくれます。しっとりと歌う刀根 麻理子の歌声にうっとりしてしまいます(笑)

作詞・作曲:山口 未央子、編曲:Herve Royによるバラード・ナンバー04。ヨーロピアンな雰囲気が詰まったナンバーで、火曜サスペンス劇場のエンドテーマなんかにぴったりな曲です。若干暗い感じがしますが、メロディーは美しく個人的にはお気に入りの1曲です。

作詞:刀根 麻理子、作曲:山口 未央子、編曲:Raymond Donnezによるキャッチーなミディアム・ナンバー05。竹内 まりやが書いた曲と言われても頷いてしまいそうなナンバーで、とてもキャッチーなメロディーが印象的です。これもTVドラマの主題歌として使ってもおかしくないような良い曲です。

作詞:刀根 麻理子、作曲:松本 俊明、編曲:Raymond Donnezによるアルバム・タイトル曲06。サビのメロディーがとてもキャッチーなのと、美しい刀根 麻理子の歌声に釘付けになってしまいます。今では聴けなくなったタイプの曲ですが、こういう曲を聴くと本当に嬉しくなってしまいます。この曲は正真正銘、ドラマの主題歌だったようです。

作詞・有川 正沙子、作曲:松本 俊明、編曲:Herve Royによる明るい曲調のミディアム・ナンバー07。夏向けでドライヴのお供にピッタリな感じの曲に仕上がっています。

作詞・松本 一起、作曲:松本 俊明、編曲:Raymond Donnezによる08。この手の曲というのは、やはり大人のシンガーが歌ってこそ似合う曲だという気がします。その点、流石に刀根 麻理子にはもってこいの曲ですね。松本 俊明という作曲家は良い曲書きますね。私好みのメロディーを書きます。

作詞・作曲・編曲:上田 知華による重たい感じのバラード・ナンバー09。刀根 麻理子は上手く歌っていますが、如何せん曲が重たい感じがして今ひとつ好きになれません(汗)

作詞・刀根 麻理子、作曲:鈴木キサブロー、編曲:Raymond Donnezによる10。悪い曲ではありませんが、インパクトに欠ける感じです。ただ、刀根 麻理子の高音域の美しい歌声が印象的です。

私個人的には傑作アルバムだと思っています。勿論贔屓目もありますが・・・(笑)
本当に久しぶりに歌声に惚れたアーティストなので、曲の良し悪しに関わらず歌声を聴いていたいので色々とアルバムを揃えようと思っています。調べてみると9枚のアルバムをリリースしているようなので、あと5枚ですから根性入れて探してみようと思います。
このアルバムに関しては、個人的には01を聴くだけでも価値があると思っています。興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。綺麗な歌声は一聴の価値ありますよ。

最後になりますが、今年1年"Music Avenue"をご贔屓にして下さった皆さん、本当にありがとうございました。来年50歳を迎える単なる音楽好きのオヤジの駄文にお付き合い下さったこと、本当に感謝の気持ちで一杯です。来年もまた色んな音楽を紹介出来ればと思っております。来年も何卒"Music Avenue"をよろしくお願い致します。

どうか皆さん、ご自愛頂き、良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by kaz-shin | 2008-12-30 00:02 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(47) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/9307287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kenny U at 2008-12-30 09:25 x
久々にコメント一番乗りーー!!
根性で頑張りますねーー!
もしかしてCD捜しは"体育会のノリ"ですかーー(笑)

さて『JUST MY TONE』も入手されたってーー!!
これも、良いですよね!
今、棚からレコードとCDを取ってみました。
松居和&慶子ファミリーで固められた海外録音7曲と
松下誠が参加した国内録音の3曲ですね!
CDの方には記載が無いんですけど
レコードの歌詞の書かれたジャケットの方には
チョコっとした文章が書かれていて
刀根麻理子は、当時、ブラコン・ファンだったとの事です。
そんなこともあってこのアルバムのコンセプトを決めたとか!

Commented by Kingo at 2008-12-30 17:57 x
今年一年楽しませてくれてどうもおおきにです。
来年も「アラフィーパワー」で頑張っていきましょ~。
Commented by Musicman at 2008-12-30 22:11 x
今年は殆どコメントできずに申し訳ありませんでした。
でも毎日の様に欠かさずチェックさせて頂きましたよー。
おー!いよいよ50歳をお迎えになるんですね。
私も40代後半(45歳)に突入してしまいますが、身体に気をつけながら頑張っていこうと思います。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
良いお年をお迎え下さい!!
Commented by kadomania at 2008-12-31 00:36 x
コメントしたい記事が山ほどあったにもかかわらずスルーすること多々ありで、すみませんでしたが、またヨボヨボと追いつきたいと思っております。

僕も一つでも多くのアーティストを紹介出来る様に頑張りたいと思っております。

今年も楽しませて頂きまして、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

(あ、刀根さん、私も大好きです・笑)

Commented by kaz-shin at 2008-12-31 01:21
Kenny Uさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
それにしても刀根さん、良いですねぇ~。
何故今まで縁が無かったのか、不思議な位です(笑)
でも逆に今だから安く入手出来ますし、良い点も多いのも事実ですが・・・。
よく行くBOOK OFFにこのアルバムだけがありまして、裏ジャケ見たら
プロデュースが松居和さんだということで速攻で購入しました。
最近松居和さんの1stも再発されたみたいで、これも購入したいと思ってます。(アナログは持ってます)
期待を裏切らないですね。でも私の場合、歌声に惚れ込んでますので
どれも良く聴こえます(笑)
Commented by kaz-shin at 2008-12-31 01:31
kingoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
若い頃、50歳というとえらくオヤジというイメージがありましたが、
実際自分が50歳近くになってみると、精神的には若いという気持ちが
出てくるんですね(笑)
若い者には負けないぞという気持ちで頑張ります!
Commented by kaz-shin at 2008-12-31 01:34
Musicmanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私の方こそいつも記事を楽しみに読ませて頂きながら、コメントも残さず申し訳ありません。
いつもながら洒落た文章の数々にいつも感心させられます。
文才の無い私には無理です(笑)

来年もお互い無理をしない程度に頑張りましょう。
良いお年をお迎え下さい。
Commented by kaz-shin at 2008-12-31 01:38
kadomaniaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
仕事の方は如何ですか?
すっきりとした気持ちで正月を迎えられそうですか?

ここ最近は角松さんには興味を失いつつあるのが、若干淋しいです(笑)
ライブへ出かけたいという気持ちになれないので、新譜をただ待つばかりです。
来年は角松さんの新譜で良い記事が書けると良いのですが・・・。

今年1年ありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
Commented by Kenny U at 2008-12-31 08:41 x
松居和、1st再発盤、購入予定なんですか!!
クールサウンドですよね!
買うかどうかすごーく迷っていたんです。

私は、feat.ロベンフォードの方は、
オークションで以前にかなりの高額で落札して持っています!
すっごく大好きなサウンド満載です!

『Standing On The Outside Feat.robben Ford』
これ、私の持っているのはロベンフォード名義なんですよ。
(ご存知の様に日本では当時ロベンフォード名義で発売されました!)
『Love's A Heartache/Robben Ford』日本盤
Commented at 2008-12-31 08:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mackymusic at 2008-12-31 17:16
なぬっ!? 来年50歳ですとっ??? かまへん、かまへん…
音楽的な感性というのは、いつまで経っても若々しいまま
ですから。若僧達のやるものを「ええわぁ…。」と思える
ことが多いのも、音楽ぐらいじゃないでしょうかね?

それにしても、Music Avenueの後を追って始めた
macky-s.musicが今一つ盛り上がりませんわな。
なにせマイ・コレクションに限定しているので、どうも
マニアックで、皆さんが絡みづらいようでして…

皆様、よいお年をお迎え下さい。
Commented by Sugar Time at 2008-12-31 17:43 x
kaz-shin さん一年間お疲れ様でした!

刀根さんのNaturallyを聴きながら書いています。
購入したのは1年ほど前だったと思いますが、あまり聴き込まないうちに棚の隅に収まっていました(購入ペースが早過ぎるため、こういうことよくあります)。
あらためて聴いてみると、確かにいい声してますね。個人的にはもうちょっと甘い声が好みなこともあり、聴きこむとよさがわかってくるタイプのようです。大人な雰囲気が宇都美慶子さんに近いかな、曲によっては声が下成佐登子さんに似ているかな、とか思います。

それにしても、これだけ内容の濃いレビューを、コンスタントに書かれていることに敬服します。
チェックが追いつかず、コメントの機会を逸したことも何度かあります(汗)
また、今回のように、眠っていたCDをあらためて聴き直す機会をたびたび与えていただき、ありがとうございました。

kaz-shin さんの記事に触発されて、私もブログを年内に始めよう!と思っていましたが、難しそうです。ま、正月休みのうちには、スタートできると思っています。

2009年も楽しみにしています。それでは、よいお年を!
Commented by まるいチーズ at 2008-12-31 23:51 x
こんばんは
今年も楽しい記事とこのような場を提供してくださりありがとうございました。また私の気ままなコメントにお付き合いくださり感謝いたします。
また来年も立ち寄らせてください。
ぎりぎり間に合いましたか(笑)
それではよいお年をお迎えください。
Commented by ももんが at 2009-01-02 19:07 x
いつも楽しみに拝見させていただいてます。
こちらに書き込ませていただくのは2回目でしょうか・・
刀根さんの記事を見て思わず指が動いてしまいました。
この世代の方は小細工が無く"上手く見せないで上手い"聴かせる声
の持ち主が多いように感じます。
私は彩恵津子さんが大好きでアルバムは全て所有していますが、気が
つくと刀根さんのアルバムも1.2.3・・・
随分溜まっていました。
豊かでありながらどこか凛とした声がたまりませんね。

Commented at 2009-01-03 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:21
Kenny Uさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
レスが遅くなってしまって、本当にすみませんでした。

松居さんの1st欲しいですね~。まだ当ブログで紹介してませんでしたが
"CD化してくれ"で取り上げようと思っていた1枚です。

年末年始に浪費してしまったので、すぐ購入というのは難しいのですが
入手困難になる前にはGETしようと思っています(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:22
12月31日の鍵コメさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
レスが遅くなり申し訳ありませんでした。

もちろんOKです。その時は連絡しますね。
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:29
mackyさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今年の9月でめでたく50歳になるオヤジです(笑)
最近は老眼にも悩まされております。こんなオヤジの感性ですから
面白い記事が書けるとは思えませんが、これからもお付き合い下さい。

mackyさんのブログ、面白いですよ。
マニアックな部分がある方が私は好きですし、ここへ訪れてくれる方の中にも
マニアックな方が多いですから、きっと気に入ってくれる人もいると思いますよ。

ぜひ皆さんもmackyさんのブログを訪れてみて下さい。
私以上にマニアックですよ!
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:33
Sugar Timeさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
レスが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

それとブログ開設おめでとうございます。
後程ゆっくり拝見させて頂きますね。それと勝手ながらリンクも今夜中に貼らせて頂こうと思っています。
ご迷惑ならお知らせ下さい。今後が楽しみです。頑張って下さい。

刀根さんは本当に久しぶりに歌声に惚れこんだアーティストでした。
まだまだ魅力的なアーティストは沢山いますよね、私が知らないだけで・・・(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:36
まるいチーズさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
レスが遅くなってしまいました。すみませんでした。

去年はFUSION系のアルバム紹介が少なかったので、今年はもう少し取り上げてみたいと思っています。
その節はコメントよろしくお願い致します。
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:39
ももんがさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

彩さんも良いですよね~。私の1番好きなアルバムは既に紹介済みの
『PASSIO』です。
でも他にも好きなアルバムがあるので、いずれ紹介したいと思っています。
彩さんの記事を書いた時は、ぜひとも熱いメッセージをよろしくお願い致します(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-01-03 19:41
1月3日の鍵コメさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

お気遣いありがとうございます。本当にお言葉に甘えて良いのですか?
よろしくお願い致します。
Commented at 2009-01-03 23:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-04 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2009-01-06 00:31
鍵コメさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お言葉に甘えて連絡させて頂きますね。
今年もよろしくお願い致します。
Commented by 哲学者になりたい猫 at 2009-01-06 20:33 x
気に入って頂けたみたいでもの凄く安堵しました。実は推薦するのを「Naturally」にするかこの盤にするか最後まで迷ったんですよ。ただ前者はキャッチーすぎるかなぁ(つまりKazさんのようなAORがお好みの方には俗っぽすぎる)、Kazさんのようにダンディな大人でAOR好きの音楽通の方はこちらの方が好みじゃないかなぁ…と思ってこちらを推しましたが他の方々のコメントで結果的に補完してくださり、またこの盤も名盤だと評価してくださるほど気に入って頂け本当に良かったです。刀根さんは歌の上手い方なのでノリの良い曲からバラードまでなんでもこなす人ですがミディアムバラードに一番良さが出る人だなぁと思ってます。R&Bももちろん良いんですが、こういう歌い手もまた出てきてくれる日を個人的には期待してます。と言う事でKazさん皆様明けましておめでとうございます。音楽に関してはまったくの無知蒙昧なので他の方のようにKazさんの記事に付いていく事も気の利いたコメントもできませんが、遊びにきたらおちょ姫様同様ナデナデと可愛がって頂けたら嬉しいです。私は引っかかない大人しい猫で有名ですので大丈夫ですよ(笑)今年もよろしくお願いします。
Commented by kaz-shin at 2009-01-06 22:29
哲学者になりたい猫さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
本当に良いアルバムを紹介して下さって、感謝しています。
歌声が魅力的ですし、色んなジャンルを歌いこなす素晴らしいシンガーですね。
確かに現在は刀根さんのような大人のシンガーが少ないのが残念ですね。これからも良い音楽を届けて欲しいですよね。

それから嫁さんがブログを見て下さって、ありがとうと申しておりました(笑)
Commented by まつのすけ at 2009-01-07 22:25 x
こちらにもコメントさせてください。私が急遽記事にしたくらい、刀根さんの曲を聴いた時はショックでした。ベストはまだ買わず、リイシューされるのをもう少し待ってみたいと思います。
松本俊明さんって、MISIAのEverythingの方でもありまして、ここ最近だと稲垣潤一さんにも楽曲されています。その時に、作詞でコンビを組んだのが、Kenn Kato、rom∧ntic highこと加藤健さんです。
Commented by kaz-shin at 2009-01-08 00:15
まつのすけさん、コメントありがとうございます。
私も最近知ったアーティストの中では最も衝撃を受けましたのが刀根さんでした。
何分嵌り易い性格ゆえ、色々アルバムを集めています。
どのアルバムも結構聴き応えがありますよ。
もしBOOK OFF等で見つけた時は、迷わず購入されることをお薦めします。
Commented by hisa at 2009-03-12 22:30 x
この記事を読んで刀根真理子を捜していましたが、先週やっとJust My Toneを見つけました。もちろん250円です。わたしも一曲目で気に入りました。声も魅力的ですが安定したヴォーカルはまさに衝撃的でした。
 私がkaz-shinさんを知るきっかけになったティナにも通じるものを感じてます。多少高くてももっと探して聞こうと思います。
Commented by kaz-shin at 2009-03-14 00:53
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
hisaさんも気に入りましたか!
本当に素晴らしい声質と歌ですよね。
『JUST MY TONE』も機会をみてレビュー記事を書きたいと思ってます。
私も密かにアルバムを集めてます(笑)
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-17 22:56 x
以前、刀根さんは、私の散歩コースに掛かる御家に住んでおられました。春日の方に移られてから御招きを頂き、お訪ねしたことも御座いました。
刀根さんのCDは全て持っております。ジャケの色彩のニュアンスに異なるモノが在りますので、それらは複数で持っております。セピア系と紫系に色調の異なるモノが在るのです、、、。音には違いは無いのですが、刀根さんと言えば見目形の美しい方ですので、ジャケの色合いに凝っても悪くはないかと存じます。
電話の向こうの刀根さんの御声は、まるで天女の声を聴く心地が致します。
日本の歌に題を採ったCDも出されたようですが、そちらは持っておりません、、、。念のため申し副えます。
「ソワレの夜 突然に」は大好きです。このシングルCDから買い始めました。
レコードは、それほど有りません。
我が家の長女と刀根さんの本名が同じです。ただ、最近の長女はロシア名を名乗っています。マーシャです。マレーネは次女の名です。
今夜は、初カキコですので、簡単に自己紹介に留めたいと思います。
では、また、、、。
Commented by kaz-shin at 2009-03-17 23:47
マレーネの御父さん様、はじめまして。コメントありがとうございます。
刀根さんとお知り合いとのこと、何とも羨ましい話です。
初めて刀根さんの歌声を聴いた時、本当に衝撃が走りました。
これまで沢山の女性アーティストの歌声を聴いてきました。
魅力的な歌声はそれこそ沢山存在しましたが、心から"美しい歌声"だなと思ったのは、刀根さんが最初でした。
歌声も美しいのですから、普通の御声も相当美しいのでしょうね。
今は少しずつ刀根さんのアルバムを探して集めているところです。
拙い文章の記事ばかりですが、これからもよろしくお付き合い下さいませ。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-18 11:15 x
自分のハンドル・ネームに「さん」を付けているのは如何なモノかと思われますが、娘のマレーネが他所でカキコをするのに、私の事を「家の御父さん」と書いていましたので、そのノリで「マレーネの御父さん」になりました。ご了解ください。
管理人様は、失礼がないようにと「マレーネの御父さん様」と書いてくださいました。有り難う御座います。「様」を外し、「マレーネの御父さん」で結構です。

皆様同様、私も刀根さんの大ファンですが、刀根さんについて判らない事が御座います。誕生年と血液型です。
刀根さんの誕生日は三月三日で御雛様の日ですが、誕生年を1960年とする記述と1962年とする記述があるようです。
私は1962年と記憶していましたが、最近、1960年と書いてあるモノが増えました。私が1962年と知ったのは、ずいぶん前の事で、何に拠ったのか記憶が定かではありません。
刀根さんの血液型は何型なのでしょう?芸能人には往々にして記載が在るのですが見当たりません。骨髄バンクに関わって居られる刀根さんですが、血液型の記載が見付りません。
誕生年と血液型が歌の本質と関わりが在るとは申しませんが、気になるところです。

Commented by kaz-shin at 2009-03-19 01:23
マレーネの御父さん様、こんばんは。コメントありがとうございます。
私もネットで色々調べてみましたが、確かに1960年生まれと書かれているのと、1962年生まれと書かれているのがありますね。
調べている中で興味深い記事を見つけました。
http://sumai.nikkei.co.jp/style/kurashi/58b_1.cfm
この記事の中に、24歳でデビューしたということが書かれていました。
デビューが1984年ですから、1960年生まれの可能性が高いのではないでしょうか。
血液型については分かりませんでした。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-19 05:02 x
こんばんは。
色々お調べ頂いた様で、恐縮です。
件の記事も拝見致しました。やはり1960年生まれでしょうか、、、。
血液型は不明でしょうか、、、。残念です、、、。

繰り返しになりますが「様」は外して頂いて宜しいかと存じます。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-20 00:40 x
こんばんは。
先日、書きましたように、私の最初の刀根さんCDは、シングルの「ソワレの夜 突然に」でありました。
それもジャケ買い!しかもジャケの写真が「ラファエロ前派」の絵の様だから、、、と言うものでした。つまりCDではなく「絵」を買ったのです。娘の万里子も私も、大のラファエロ前派のファンなのです。今から思うと恐ろしいやら勿体ないやら、、、。
一年以上プレイヤーに載せなかったのです!
ある日、何気なくプレイヤーに載せたら大変です!こんな美しい歌声は聴いた事が無い、生まれて初めてです!
その後は、刀根さんのCDを全部買い集めて仕舞いました。
続きは、また、、、。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-20 19:15 x
おばんです。
管理人様は三連休でお出かけでしょうか、、、。
シングルの「ソワレの夜 突然に」と共に、「ソワレの夜 突然に」を収録したアルバム「ヴァドラーム」(カタカナ表記として適切でないかもしれません、、、)が発売されましたが、そのジャケは、このブログに掲載されているようにセピア調のものでした。このセピア調は、パープル調ともども刀根さんアルバムの基本を為すものです。
ところが、このアルバムにはパープル基調と言うか紫基調のものが存在します。発売に先駆けて関係者に配布された先行の試聴版です。収録曲は有料発売されたアルバムと変わりありません。
セピアとパープルの何れも刀根さんに似合う色かとは存じます。
発売に先駆けて検討が為されセピア調でいくことに決定したのでしょう。
ですがパープルの刀根さんCDのジャケも好いものです。
もちろん、私は両方とも持っています。
Commented by kaz-shin at 2009-03-20 22:40
マレーネの御父さん、こんばんは。沢山のコメントありがとうございます。
まとめてのレスになりますが、ご容赦下さい。
私も「ソワレの夜 突然に」を聴いて、その素晴らしいメロディーと歌声に魅了された一人です。
このアルバムより先にカヴァー・アルバムを聴いていましたが、やはり英語ということもあって、歌声の美しさを実感したのはこのアルバムを聴いてからですね。

ファンの人にとって、ジャケット違いというのはとても魅力的なものなんでしょうね。
私の場合、リミックスやリアレンジ等で音に違いがあるものは聴きたいと思うのですが、音質も収録曲も同じケースの場合は購入しないですね。
その分他のアーティストのアルバムを買ってしまいます(笑)
でも試聴盤というのは非買品ですし、貴重ですね。
ぜひとも大切にして下さい。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-20 22:58 x
お帰りでしたか、、、。失礼いたしました。
私は視聴覚のうちで視覚にウエイトを置いていますので、こちら様には余りお役に立たない事を書いてしまったようです。
ご迷惑なら、その旨お知らせください。
刀根さんのアルバムなどを丁寧に見聞きするとリアレンジなどが在りますね、、、。
Commented by kaz-shin at 2009-03-20 23:11
マレーネの御父さん、コメントありがとうございます。
決して迷惑だなんて思っていませんのでお気遣い無用です。
私はアルバムというのは、音楽は勿論ですがジャケットや歌詞カードも含めてひとつの作品だと思っています。
ですからマレーネの御父さんの視覚を重視されるというのも理解できます。
ただ、私の場合は経験上ジャケットのセンスが悪いのに内容が良いという作品に沢山出会ってますので内容重視というスタンスに自然となりました。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-29 02:41 x
「ソワレの夜 突然に」は名曲ですが、、、。
YOUTUBEに何方も載せません、、、。
数年前の状況に比べれば刀根さんの曲は充実して来ましたが、、、。
何方か「ソワレの夜 突然に」を提供してくださいませんか、、、。
エッ!私ですか、、、。デジタルオンチで、、、この程度がやっとです。
Commented by kaz-shin at 2009-03-29 02:56
マレーネの御父さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
以前はありましたよ。画像は付いてませんでしたけど。
それで「ソワレの夜 突然に」を知りました。
今は無くなってますね。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-29 03:39 x
応答の良いレスを有り難う御座います。
そうでしたか!在ったのですか!
チェックをしてない時期も在りましたので見落としたようです。
何方か再び提供して欲しいものです、、、。
Commented by マレーネの御父さん at 2009-03-29 04:21 x
失礼しました。
YOUTUBEで、お知りになったのでしたね、、、。
音源と書いていた意味が解かりました。
何方かやって欲しいものです、、、。
Commented by カオス at 2010-02-23 06:25 x
おはようございます。
kaz-shinさんから素早くレスがあるので、つい書き込みをしてしまいます。

さて、私もYouTubeで角松さんを検索していて、「ソワレの夜 突然に」を聴いて、一発でノックアウトされましたね。(YouTubeに誰の曲か分からないので教えて欲しいということで、、角松さんが作曲かとか書き込まれていました。)
すぐにオークションで入手しました。
何といっても艶やかな声が魅力的です。
昔、「摩天楼物語」を聴いていて、好きではあったのですが、この頃は全くチェックしていませんでした。
多分、kaz-shinさんと私の好みは似ていると思いますので、ご存じかもしれませんが、古郡慈子の「この都会の女神には明日がない」をお薦めします。YouTubeで聴けると思いますよ。この人は2曲くらいしか曲を出しておらず、その後、どうしているのか気になっています。とても美しい声の持ち主で曲もいいです。
それでは。
Commented by kaz-shin at 2010-02-24 01:22
カオスさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私も「ソワレの夜 突然に」1曲でノックアウトされた一人です(笑)
歌声が本当に魅力的です。

YouTubeで古郡慈子さんを検索して「この都会の女神には明日がない」を観ました。
どこか女優の吹石一恵さんに似てますね。アダルトな感じのボッサ調の曲で良いですね~。
でもアルバムはリリースされてないみたいですね。
おそらくシングルCDでのリリースだと思うのですが今では見つけるのは難しいでしょうね。
配信があると言いのですが・・・。じっくり聴いてみたいですね。
<< 伊秩 弘将_BANG! ページトップ RUPERT HOLMES_P... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon