Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
具島 直子_Quiet Emotion ◇ 2009年 01月 18日
e0081370_1221972.jpg 

今回紹介するのは、1990年代に古内 東子と並んで上質なJ-AORサウンドを聴かせてくれた具島 直子が、1997年にリリースした2ndアルバム『Quiet Emotion』です。古内 東子とは違ってテンポのある曲は少ないのですが、アーバン・メロウという言葉がぴったりくるような洒落た歌を聴かせてくれるシンガー・ソング・ライターです。
私にとって1990年代は音楽にどこか冷めていた時代で、今のように貪欲に良い音楽を探すことはしていませんでしたが、古内 東子と具島 直子には衝撃を受けました。それまでAORというと男性アーティストというイメージがありましたが、そんなイメージを払拭してくれたのが古内 東子であり、具島 直子でしたね。以前1stアルバム『miss.G』を紹介しましたが、そこから3年以上も経過しての2ndアルバムの紹介です(笑)

プロデュースは桐ヶ谷"bobby"俊博。桐ヶ谷 俊博も1970年代終盤にアーティスト・デビューしていますから、アーティスト系プロデューサーと言えるかも知れません。しかし、アーティストとしての活動は短かったようで、80年代以降は裏方としての活動が主だったので他のアーティスト系プロデューサーと違って、アーティストの個性を活かしたプロデュース、アレンジで聴く者を魅了します。
バックを支えるミュージシャンは、沼澤 尚(ds)、岡沢 章(b)、Jimmy Earl(b)、中西 康晴(key)、伊丹 雅博(g)、Paul Jackson,Jr.(g)、古川 昌義(a-g)、菅原 裕紀(per)、Rafael Padilla(per)が参加しています。ちなみにコーラスは具島 直子と桐ヶ谷"bobby"俊博です。

『具島 直子 / Quiet Emotion』
01. Tell me oh mama
02. 予感
03. Sunday
04. no.no.no.
05. まどろみ
06. 愛はどうして
07. My flame
08. So high So high
09. かげろう
10. Tell me oh mama -Remix-

のっけから具島 直子ワールド全開な01。あまり起伏のあるメロディーではありませんが、この辺りが具島 直子らしいところであって、シンプルなメロディーが繰り返しが非常に心地良いですね。沼澤&岡沢によるリズムはまさにアーバン・グルーヴィーとでも呼びたくなります(笑)

01と雰囲気が似ているメロウ・ナンバー02。具島 直子の曲には一貫して特有の雰囲気があります。これはもう"具島 直子ワールド"としか表現のしようがないのですが・・・。心地良さの中でいつの間にか曲が終わっているといった感じです。

休日の午後のまどろんだ雰囲気が伝わってくる03。アコースティック・ギターをフィーチャーしたボッサ・テイストのアレンジが良いですね。具島 直子のヴォーカルは上手い下手という尺度に当てはまらない気がします。自然と耳に溶け込んでくるような心地良いヴォーカルです。

黄昏時の都会の情景が目に浮かんでくるような03。派手さはありませんが、よく練られたアレンジが素晴らしく、まさにAORなナンバーと言える1曲ですし、お洒落という言葉がぴったりくる1曲です。

具島 直子の書くメロディーと桐ヶ谷"bobby"俊博のアレンジの相性の良さは抜群で、曲のタイトルとサウンドとが見事にマッチングしています。「まどろみ」という雰囲気がサウンドで表現されている05はその代表的な曲かも知れません。

シンセ・ベースを使用してゆったりしたグルーヴ感を出している06。ある意味単調な曲ですが、不思議と耳に残ります。本当に似たようなタイプの曲が多いのに、それでいて決してつまらないとは感じさせないメロディー・センスとアレンジ・センスには脱帽です。

アコースティック・ギターをフィーチャーした8ビート・ナンバーの07は、音的にはウエスト・コースト・ロックっぽさがあるのですが、具島 直子のヴォーカルが入ると都会的な雰囲気に変わります。他の曲と若干雰囲気が違うので良いアクセントになっています。

私の大好きなナンバー08。心地良いメロディーと優しく包み込むようなサウンドが何とも言えません。桐ヶ谷"bobby"俊博のアレンジは、メロディーを活かすことをよく考えられていて、この曲などは他とは違って非常にシンプルな演奏なんですが、これが絶妙な心地良さを生んでいますね。

しっとりとしたバラード・ナンバー09。単調な打ち込みのドラムのリズムを軸にしたアレンジは淡々とした感じなのですが、これがかえって曲の持つ淋しい雰囲気を上手く表現しているような気がします。

具島 直子の曲を初めて聴く人は、どれもこれも同じように聴こえてしまうかも知れません。ファースト・インプレッションで凄く良いとは感じにくいタイプだと思います。それでいて聴く者に決して不快感は与えません。2度~3度と繰り返し聴くうちに、具島 直子ワールドの心地良さに浸っていくようになる、そんな独自で不思議な世界観を持っているアーティストだと思います。
AORやCITY POPが好きな人にはぜひとも聴いて欲しいアーティストの一人です。1度聴いてもらえれば、私の言うところの"具島 直子ワールド"を実感してもらえると思います。お薦めですよ。
[PR]
by kaz-shin | 2009-01-18 09:41 | CITY POP / J-AOR系 | Trackback | Comments(12) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/9433547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぎっちゃん at 2009-01-18 12:09 x
早速のレビュー有難うございます!具島さんを初めて聴いたのは、キャンディでした。確か、チューボーですよ!のエンディングテーマだったと思います。初め、古内さんの新曲かな?と思っていたのですが、どうやら違うらしい。じゃ誰?という事でCD屋さんを探しまわった記憶があります。
Kaz-shinさんのおっしゃる通りメロディと一緒に溶け込んでくるヴォーカルがなんとも心地いいですね。休日の午後2時頃に紅茶でも飲みつつ緩い風にあたりながら、具島ワールドを聴いていますと、すう~っと気持ちよくお昼寝してしまいそうです。本当にAORスキーな方には聴いてもらいたい一枚ですね。沼沢さんの耳に心地いいいドラムもイイ!
Commented by Chick Jarrett at 2009-01-18 17:46 x
どうも、たいへんご無沙汰しております。
#8が大好きと書かれていたのが嬉しくてしゃしゃり出てきました。沁みる曲です。
ずっと歌い続けていてほしい歌手、もっと組んでほしいコンビなので、陰ながら応援しております、はい。
超名盤3部作の最後、"mellow medicine"もよろしく!
Commented by kaz-shin at 2009-01-18 22:03
ぎっちゃんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
古内さんの記事に具島さんの名前を出してから、久しぶりに聴きたくなって聴きました。
この気持ち良さがたまらず、MP3プレイヤーに入れてここ数日間通勤時に聴いてました(笑)
アルバム全体としては決してメリハリがある感じではないのですが、気持ちの良いメロディーとヴォーカルが気に入ってます。
Commented by kaz-shin at 2009-01-18 22:12
Chick Jarrettさん、ご無沙汰しておりました。コメントありがとうございます。
08がお好きですか!
私は初めてこのアルバムも聴いた時から、08が妙に耳と心に残りました。
理由は分かりません。でも琴線に触れたとでも言いましょうか・・・。
じっくりと聴き込むほどに良さが滲み出てくる曲達ばかりですよね。
私もぜひとも歌い続けて欲しいと思います。

>超名盤3部作の最後、"mellow medicine"もよろしく!
承りました(笑)
いつか必ず取り上げます。
Commented by まるいチーズ at 2009-01-19 07:55 x
おはようございます
基本的に前作の延長線上にあると思います。ただ前作が佳曲揃いなのに比べると、やや地味な印象でしょうか?
具島さんは声と雰囲気がいいですね、それに桐ヶ谷さんが加わることで、ク-ルで都会的な中に少しウエットな要素が入った世界が出来るようです。miss.Gの時にも書かせていただいたのですが、彼女のアルバムは梅雨の時期に聴きたくなります(笑)
Commented by 愛知のまっちゃん at 2009-01-21 07:04 x
おはようございます。 いつも拝見いたしております。
ところでこのアルバム、到達経路がkaz-shinさんと同じでして『Smooth VINTAGE』→具島直子→Candy→『MissG』→『 Quiet Emotion』と、思わずコメントせずにはいられませんでした。
私の記憶の中で抜け落ちている90年代のガイドとしてSmoothならびに松尾潔氏には大変感謝しております。桐ヶ谷 俊博のアルバムも持っているのでこれもつながりました。古内 東子さんと具島直子さんのアルバムにクレジットされている中西 康晴(key)はどんな方だろうなんて考えるとだんだん収拾がつかなくなってきました。さて、今朝の通勤は『 Quiet Emotion』でスタートです。
Commented by kaz-shin at 2009-01-22 16:07
まるいチーズさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
レスが遅くなり、すみませんでした。

私も最初の印象は"地味"でしたね。
どうしても1stと比較してしまうので、仕方無いかも知れませんが
最近はこの2ndが妙に気に入ってます。
味わい深いアルバムって感じでしょうか(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-01-22 16:13
愛知のまっちゃんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまって、失礼しました。すみません。
本当に到達経路が私と全く一緒ですね(笑)
『Smooth VINTAGE』は良いコンピ作品ですよね。
選曲も良いし、聴いていて厭きのこないアルバムだと思います。

中西さんは"超"の付く売れっ子スタジオ・ミュージシャンですから、
中西さんが参加している作品は本当に多いと思いますよ。
素晴らしいキーボード・プレイヤーですね。
私は特に彼のピアノ・プレイが大好きなんです。
Commented by まつのすけ at 2009-01-25 15:15 x
具島さんですと、このアルバムのみ今現在持っています。私は4曲目『no.no.no』が特に好きですね。ところでkazさんは、嶋野百恵さんは既に聴いていらっしゃいますでしょうか。古内さんや具島さんがお好きなら、ひょっとしたら聴いていらっしゃるのではと思ったのですが。
Commented by kaz-shin at 2009-01-26 21:11
まつのすけさん、コメントありがとうございます。
嶋野百恵さんですか・・・。
詳しくは知らないのですが、『Roots』という2ndアルバムは持ってます(笑)
機会をみてレビューしますね。
Commented by エキナセア at 2009-06-23 16:38 x
はじめまして。
最近このblogを知りまして勝手にお気に入りに入れさせていただいております。
女性ボーカルの専門blogをやっているのですが
4月22日に具島さんがBESTろりりーすいたしまして
わたくしが監修させていただきました。
よければ聴いてみてくださいね。
よろしく御願いします。
Commented by kaz-shin at 2009-06-24 01:35
エキナセアさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
blog拝見しました。音楽関係のお仕事をなさってるんですね。
そんな方にこんな拙いblogをお気に入りにして下さっているなんて光栄です。
具島さんのベスト盤にも、もちろん興味あります。でも時間がかかってもアルバム全部揃えたいと思っています。
これからはエキナセアさんのblogでGirls Popについて色々勉強させてもらおうと思っています。
これからもよろしくお願い致します。

私の方もお気に入りに入れさせていただきます。
<< tohko(藤子)_tohko ページトップ Perfume_GAME >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon