Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
Pop★Idol★Paradise ◇ 2009年 03月 05日
e0081370_1935347.jpg 

私がBOOK OFFの探索をする時、一際時間をかけて物色するのが、安棚のオムニバス・コーナーです。
何故オムニバス・コーナーを熱心に探すかと言うと、ここには非売品のアルバムも売られているからなんです。特に大手企業とレコード会社が組んで、宣伝用とかプレゼント用に制作されたアルバムが売られていることが多いですね。こういうアルバムを探すのも一興で、センスの良い選曲のものもあれば、選曲に何にも考えていないような大雑把なものまで多種多様で、車で聴いたりするには結構楽しめるんですね。

今回紹介するのもそんな中の1枚です。シャープが企画して、ビクターが制作した非売品のアルバム『Pop★Idol★Paradise』です。おそらく家電製品や音響製品を買うともらえるといったものなんでしょう。制作されたのは1986年のようですね。収録されているのは、当時ビクターに所属していた女性アイドルの曲が集められています。選曲の基準が今ひとつ分からないところはあるのですが・・・、でもそれはそれで面白いのも事実です。収録されているアイドルは6人で、小泉 今日子、岡本 舞子、飯島 真理、水谷 麻里、長山 洋子、岩崎 宏美。収録曲は9曲です。岡本 舞子や水谷 麻里は知らない存在だったので、興味深く聴く事が出来ましたし、懐かしい楽曲も多かったので250円という値段の割りには楽しめました(笑)

『Pop★Idol★Paradise』
01. フラミンゴ in パラダイス / 荻野目 洋子
02. 100%男女交際 / 小泉 今日子
03. 臆病なヴィーナス / 岡本 舞子
04. 愛・おぼえていますか / 飯島 真理
05. 21世紀まで愛して / 水谷 麻里
06. 雲にのりたい / 長山 洋子
07. 好きにならずにいられない / 岩崎 宏美
08. スターダスト・メモリー / 小泉 今日子
09. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) / 荻野目 洋子

荻野目 洋子が1986年にリリースした8枚目のシングル曲01。1985年の「ダンシング・ヒーロー」の大ヒットの次のシングルで、この曲も結構売れたと記憶しています。「ダンシング・ヒーロー」は洋楽カヴァーだったのに対し、歌謡ロック路線に定評のあるNobodyが作曲を手掛け、当然でしょうが前作路線を引き継いだ形のような曲ですね。作詞:売野 雅勇、作曲:Nobody、編曲:船山 基紀。

小泉 今日子の18枚目のシングルで1986年リリースの02。前年にリリースした「なんてったってアイドル」があまりにもインパクトが強く、印象が薄い感じは否めませんが、曲を聴けば「こんな曲あったな」という感じでしたね。小泉 今日子にとって1986年と言えば、アイドルとしての絶頂期とも言える時代なので歌にもそんな勢いみたいなものを感じますね。作詞:麻生 圭子、作曲:馬飼野 康二、編曲:山川 恵津子。

岡本 舞子の1986年リリースの5枚目のシングル03。名前に覚えがあったものの、容姿や曲に関しては全く記憶に残っていませんでした(笑) 調べてみるとヒットには恵まれなかったようですね。でも歌は結構しっかりしていて上手いと思いますね。80年代にアイドルとして成功することの難しさを物語っているようです。尾崎 亜美の作品なんですが結構良い曲です。作詞・作曲:尾崎 亜美、編曲:今 剛。

飯島 真理の1984年リリースの3枚目のシングル曲で、彼女の代表曲とも言える04。アニメのテーマ曲だったようで、アニメ好きの方々には声優としても人気が高かったようですね。確かに飯島 真理の歌声とその歌声にピッタリのメロディーが心地良い名曲です。作詞:安井 かずみ、作曲:加藤 和彦、編曲:清水 信之。

名前も存在も全く記憶に無かった水谷 麻里・・・(笑)。彼女の1986年のデビュー・シングル05。作家陣は豪華なんですが、如何せん歌が酷いです。作詞:松本 隆、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀。

長山 洋子がアイドル時代の1986年にリリースした7枚目のシングル曲06。私の年代であれば、黛ジュンの1969年のオリジナルの方が馴染みが深いかも知れませんね。演歌歌手を目指していたものの、アイドルとしてデビューしてしまった彼女ですが、この手の曲を歌わせると現在の片鱗を感じさせますね。作詞:大石 良蔵、補作詞:なかにし礼、作曲:鈴木 邦彦、編曲:大谷 和夫。

岩崎 宏美の39枚目のシングルで、1986年リリースの07。この頃は岩崎 宏美の曲に触れることが少なくなってしまっていた頃なので、新鮮な気持ちで聴けました。悪い曲ではありませんが、シングル曲としては地味な印象ですね。作曲の山川 恵津子は才能豊かな人で、作曲はもちろん編曲も出来るし、歌も上手い人ですね。興味のある方は山川 恵津子の歌を堪能出来る『東北新幹線 / THRU TRAFFIC』を聴いてみて下さい。作詞:松井 五郎、作曲:山川 恵津子、編曲:奥 慶一。

小泉 今日子の1984年リリースの13枚目のシングル08。アルフィーの高見沢 俊彦が他アーティストへの楽曲提供を始めた頃の作品だったように思います。小泉 今日子が歌った高見沢作品の中では、個人的には「木枯しに抱かれて」が1番好きだったりしますが・・・。作詞:高見沢 俊彦、高橋 研、作曲:高見沢 俊彦、編曲:井上 鑑。

ご存知荻野目 洋子をトップ・アイドルへ押し上げたヒット・シングル09。1985年にリリースされた7枚目のシングルです。正直なところ、この曲は当時から好きではなくて、何故こんなに売れたのか不思議に思っていた曲です(笑)。A.Kyte - T.Baker、訳詞:篠原 仁志、編曲:馬飼野 康二。

このようなオムニバス・アルバムって、余程気に入ったものでないと3,000円近い金額を出して買おうという気になりませんが、250円なら気軽に買えますよね。ましてや非売品ですから、BOOK OFFでも安い価格設定になるアルバムです。
私の場合、250円程度で買えるなら、1曲だけでも聴きたいなと思える曲があったなら買ってしまいますね。毎日聴くようなアルバムではありませんが、記事の冒頭でも書いたように車で聴くには悪くありませんよ。曲数も9曲で聴いていて厭きるほどの曲数でも無く丁度良い感じです。
BOOK OFFでこういうアルバムを探してみるのも楽しいですよ。ぜひお試しあれ!
[PR]
by kaz-shin | 2009-03-05 23:26 | 企画モノ | Trackback | Comments(23) | |
トラックバックURL : https://musicave.exblog.jp/tb/9768385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hisa at 2009-03-06 23:35 x
おもしろい選曲ですね。ビクターでのこの時期、松本伊代、石野真子がいたような気がします。こういうオムニバスは確かにおもしろいし、たまに聴くぶんには曲のつながりが新鮮になりますね。
私も、オムニバスをBOOK OFFで探しているのですがなかなか巡り会えません。
Commented by タイダマン at 2009-03-07 00:38 x
kaz-shin さん

 初めてお邪魔いたします、タイダマンと申します。

実はこちらのブログをかなり前から定期的に拝見させてもらっておりまして、幅広いジャンルの音楽のご紹介記事、いつも楽しみながら参考にさせていたたいております。
 何度かご挨拶をと思いながらも遅くなりました非礼、ご容赦ください。

 ところで、私はジャンル無視でとにかくポップな楽曲を捜し求めているのですが、特に80sアイドルポップはシティポップ系のミュージシャンが関与している楽曲も多く、個人的には大好きなジャンルです。

 今回、kaz-shin さんがご紹介されているような80sアイドルのオムニバスアルバムは当時結構リリースされていたようですが、中にはマイナーアイドルの意外な佳曲が隠れているケースもありますので、安ければそれを目当てに購入してみるのも楽しみの一つですよね。

 今回ご紹介されているアイドル関連で個人的なオススメは03.岡本舞子さんのアルバム『FASCINATION』です。
 特にアルバムオープニング曲「L.A.LOVER」のギタープレイ(クレジットはありませんが、今剛さん?)はとにかく爽やかで、機会がありましたら是非御一聴ください。

Commented by タイダマン at 2009-03-07 00:40 x
ちなみに05.水谷麻里(当時の愛称は"みずたまり"(笑))さんは、漫画家の江口寿志氏の奥さんとしてファンの間では知られていますね。

 話は変わりますが、以前こちらで話題に挙がっていた森下恵理さんの『ボーイ・フレンド』は聴かれましたか。
 歌唱法に少し癖はありますが、オールディーズガールポップがお好きでしたら、加藤和彦氏全面プロデュースによるイチオシのアルバムですよ。

 ご参考に収録曲の一部をどうぞ
・中古のムスタング ~アルバムオープニングを飾る加藤和彦氏作のモータウンビート
 ttp://www.youtube.com/watch?v=g8-C8VVG7tg&fmt=18
・Hey ! Baby ~竹内まりやさん作曲ちょっぴりスペクターアレンジなポップソング
 ttp://www.youtube.com/watch?v=B0tfULOGDdY&fmt=18
・真冬のデイト ~これもまりやさん作曲のロッカバラード
 ttp://www.youtube.com/watch?v=SPZ5pD3qV0I&fmt=18
・トワイライト ~アルバム終盤ユーミン作の青春の甘酸っぱさを感じさせる
 ttp://www.youtube.com/watch?v=BBoHAYX5Nzk&fmt=18
Commented by タイダマン at 2009-03-07 00:42 x
・サマータイム・グラフィティ ~アルバム未収録のシングルで、これも加藤氏作モータウンビート(再発CDにボーナストラックとして収録されています)
 ttp://www.youtube.com/watch?v=sFlYV_1ftzk&fmt=18

 個人的事情により月数回しかネットにアクセス出来ない環境のため、いきなり長文の書き込みとなりましたこと、重ねてご容赦ください。 
Commented by Thunderer at 2009-03-08 01:06 x
kaz-shin さん、こんばんは。
いま、見ると04,09以外は、ちょっとマニアックな選曲に
思えてしまうところがかえっておもしろいですね。

ところで、
「好きにならずにいられない」はSingleバージョンでしたか?
私はAlbumバージョンのほうが好きですけど。
(見分け方:Albumバージョンは冒頭からトゥル・・・って
 コーラスが入ります)
でも、この時期なら「姫ごころ」の方が・・・。

私にとっては、
オムニバス・アルバムって聞いて気に入った人はAblumを
買ってしまうので結局、曲がかぶってしまうのがネックなんです。
だから聞きたい人の曲で他にCD化されてないのは買いますけど、
オムニバス・アルバムは基本的にレンタルで借ります。
→聞いて気に入った人のAlbumはそれから買ったりしてます。
(250円の中古と比べるとレンタルが安いわけじゃないんですけれども。)
Commented by ギムリン at 2009-03-08 02:28 x
岩崎宏美さんは、山川恵津子さんが好きなこともあって、「好きにならずにいられない」は、凄くお気に入りらしく、紅白でも歌いましたが、コンサートでも良く歌っています。
最近のセルフカバーアルバムでもオーケストラバージョンで収録していますが、Thundererさんが書かれたように、アルバム『わがまま』に収録された、アカペラコーラスバージョンが特に繊細だと思います。コーラスには、山川さん自身も参加しています。
試聴は、下記などからどうぞ。
www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=VICL-62286
Commented by kaz-shin at 2009-03-08 02:41
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
実はこのアルバムは裏ジャケットに収録されているアーティスト名だけが
書かれていて、曲については何も書かれてませんでした。
ですから一か八かで購入した次第です。250円だったので、つまらなくても諦めのつく値段ですから・・・(笑)
しかし、実際には馴染みの薄い曲が多くて楽しんで聴けました。
繰り返し聴くタイプのアルバムではありませんが、車に積んでおいてたまに聴くには楽しいですね。
Commented by kaz-shin at 2009-03-08 02:51
タイダマンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
そして数々の情報提供感謝します。
このアルバムで意外(と言っては失礼ですが)に良かったのが、岡本舞子さんでした。
歌もしっかりしていて、聴いていて心地良かったです。
あと森下恵理さんの『ボーイ・フレンド』もまだ未聴です。
森下さんも岡本さんもAmazonで注文すれば入手可能みたいですね。
今月は小遣いがピンチなんで余裕が出来たら買いたいと思ってます。
もし、森下さんと岡本さんのアルバムのどちらかひとつと言ったら、タイダマンさんはどちらを選びますか?
Commented by kaz-shin at 2009-03-08 03:02
Thundererさん、コメントありがとうございます。
ここに収録されている「好きにならずにいられない」は、ピアノの短いイントロの後にすぐ歌い出しています。
だとするとシングル・ヴァージョンでしょうか。
岩崎さんのこの頃の曲ってほとんど知らないんですよね。
色々聴いてみると良い曲も沢山ありそうですよね。

私の場合、ほとんどレンタルを利用しません。
借りるのは良いのですが、返しに行くのが億劫で・・・(笑)
レンタルを上手く利用すればこんなにCDが増えなくて良かったかも知れませんよね。
Commented by kaz-shin at 2009-03-08 03:07
ギムリンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そして情報ありがとうございます。
岩崎さんのアルバムも少しずつでも揃えたいなと思っているのですが、中古市場でも値段が下がらないアーティストなんでなかなか思うようになりません。
私の場合、あれこれと欲しいものが多過ぎるのと、出来るだけ新しい(自分にとってですが)アーティストを聴いてみたいというのもあって、なかなか岩崎さんのアルバムを集めるところまでいきません。
でもいつかはLPで持っているアルバムだけでもCDで揃えたいです。
Commented by kotaro at 2009-03-08 08:26 x
これは存在を知りませんでした。86年ならCD1枚が3000円くらいしてたでしょう。シャープのCMタイアップ曲オンリーでもなさそうです。多分景品(いまでいうところのプレミアム)でしょうか。

岡本舞子と水谷麻里は知らなくて普通です。「愛って林檎ですか」という曲が岡本舞子のデビュー曲です。
水谷麻里は活動が短くて漫画家の江口寿史と現役アイドルのまま、結婚した印象があります。サンミュージックの年間一押しだったんですけどね。

老舗ビクターらしい豪華なラインナップ(死語!)ですね。松本伊代は参加していません。他に桜田淳子や石野真子もいました。旬なタレント以外に宏美さんが入ってるのが微妙な興味を惹きます。27,8歳のころ。
「聖母たちのララバイ」以降は大ヒット曲がなかったけど、FMで番組を持ちいろいろチャレンジしてました。
この頃、「決心」という佳曲があります。僕は名曲と思います。
この時代は奥慶一さんのアレンジや作曲と、よく仕事を一緒にされてます。
全体にスパニッシュなテーストのアレンジで、フリオ・イグレシアスとかそんな時代の影響でしょうね。先日知人のパーティーで作曲者とお会いしたばかりです。
「決心」はお好きな曲のようです。
Commented by タイダマン at 2009-03-08 19:46 x
>森下さんと岡本さんのアルバムのどちらかひとつと言ったら

 どちらを買われても後悔はされないと思いますが、AOR系のアレンジ・演奏・ボーカルの心地よさでは前者、60sオールディーズフォロワーとして捨て曲のないポップな楽曲・アルバムトータルの完成度では後者でしょうか。

 ちなみに、岡本さんのほとんどの曲の作・編曲はここでお名前が挙がっている山川恵津子さんです。
 このアルバムには収録されていませんが、ウォールオブサウンドな曲の収集をライフワークとしている私にとって以下の曲は特に気に入っています。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=JKdSD4xg8d8&fmt=18
・'85全日本歌謡音楽祭 ~新人アイドルでこの歌唱力はさすがです
 ttp://www.youtube.com/watch?v=XGObMwpcYB8&fmt=18

Commented by タイダマン at 2009-03-08 19:49 x
 

 楽曲の良さと歌唱力が揃った代表的アイドルソングとしては以下の曲が有名ですね。
・村田恵里 - オペラグラスの中でだけ ~序盤、若干音程が外れているのはデビュー曲ということで、、、
 ttp://www.youtube.com/watch?v=lCCCIAY0yqo&fmt=18

 それから、このアルバム収録の他のアイドルの曲もそれぞれオススメしたい楽曲はあるのですが、先日kaz-shin さんがご紹介されていた飯島真理さんのアルバムは聴き応えがあり、特に初期四枚(それぞれ1stは坂本龍一氏2ndは吉田美奈子さん3rdは清水信之氏ブロデュース、4thはロンドン録音ですね)は気に入っています。
Commented by hisa at 2009-03-08 22:04 x
森下恵理は私もおすすめです
Commented by Thunderer at 2009-03-09 00:14 x
>ここに収録されている「好きにならずにいられない」は、
>ピアノの短いイントロの後にすぐ歌い出しています。
>だとするとシングル・ヴァージョンでしょうか。
ピアノの出だしなら、シングル・ヴァージョンです。

この時期の岩崎宏美さんって大ヒットはしていないのですけど
結構、良い作品があるとは思います。
・・・私もAlbum聞いていただけの時期になるので
 この時期の情報はあまりないのですけれど。
「好きにならずにいられない」の次の「小さな旅」もお勧め。
なお、「聖母たちのララバイ」以降のシングルって
TVの主題歌etcになっているのが多いので聞かれたことが
あるかもしれません。
(私はTV見ないので全然思い出ないですけど。)

ギムリンさんが書かれているアルバム『わがまま』の最新の分
『わがまま+9』に全部収録されています。
(初期の曲のカラオケもおまけで入ってますけど
 ・・・私はカラオケまではいらなかったなあと思いつつ。)

Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:19
kotaroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
こういう非売品CDを格安で売られているところがBOOK OFFの
面白いところでもありますので、なかなかBOOK OFF巡りは
止められません(笑)

岩崎さんの80年代半ば以降の曲やアルバムはほとんど聴いて
いないのですが、皆さんのコメントからもなかなか良い曲が
あるんだなと感じました。これから少しずつでも聴いていき
たいなと思っています。
奥慶一さんが絡んでいる曲なんかも非常に興味深いです。
Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:22
タイダマンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
森下さんと岡本さんの両方を買うしかなさそうですね。
お小遣いがいくらあっても足りないです(笑)
でもぜひとも聴いてみたいとは思っています。
廃盤にならないうちに買わねば・・・。

そして、また私の知らない名前が出てきましたね。
村田恵里さんですか・・・初めて聞くお名前です。
それにしてもYou Tubeというのは何でも有りですね(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:23
hisaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
hisaさんもお薦めとなれば、ここは森下さんから買わないといけませんね(笑)
Commented by kaz-shin at 2009-03-09 20:24
Thundererさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私にとって岩崎宏美さんは、良い意味でGirls Popでは無く、歌謡曲の名残りを感じさせてくれるシンガーなので、
80年代になってCity Popに嵌っていた頃には自然と聴かなくなってしまいました。
でもデビューから好きなシンガーの一人ですので、機会があれば色んなアルバムを聴いてみたいと思っています。
それにしても沢山アルバムがありすぎて、どれを聴こうか迷いますね。
再発されたCDには魅力的なボーナス・トラックも数多く収録されているので、益々迷いそうです(笑)
Commented by タイダマン at 2009-03-15 03:46 x
>森下さんと岡本さんの両方を買うしかなさそうですね。

 両方を買われるのであれば結構なのですが、私のアルバムの説明、前者と後者が逆になっていました、遅レスで申し訳ありません(^^;
   
 個人的には『岡本舞子/FASCINATION』は後追いですが、『森下恵理/ボーイ・フレンド』は当時、新譜で購入した初めてのアイドルのLPでして、これもkaz-shin さんが以前ご紹介されていた児島未散さんの『Best Friend 』そして2ndの『MICHILLE』と共に、当時から現在まで変わらない愛聴盤です。

 ちなみに、未散さんはその後も数枚アルバムを出していますが、その中では以前推薦のあった『フロレゾン』が突出した出来映えだと思います。
Commented by kaz-shin at 2009-03-15 23:38
タイダマンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
わざわざご丁寧にありがとうございます。
まずは森下さんのアルバムを購入してみようかと思ってます。

児島さんのアルバムも良い曲が多くて好きなんですが、もうちょっと歌唱力があればな・・・と思うときもあります。
『フロレゾン』は未聴なんですが、BOOK OFFの250円コーナーでよく見かけますので、今度購入してみますね。
Commented at 2009-09-28 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaz-shin at 2009-09-28 22:55
鍵コメさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いつも色んな情報を寄せて下さり、ありがとうございます。
<< 松田 聖子_Vanity Fair ページトップ 小柳 ゆき_KOYANAGI ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon