Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
| |
私にとって1978年~1979年の2年間のJ-POPシーンは、本当に眩いばかりの輝きを放っていて、この時期に出会ったアーティスト、ミュージシャン、楽曲は今でも大切な宝物だと思っています。
それまで邦楽は洋楽には敵わないと思っていましたが、この2年間で出会った素晴らしい楽曲達が私を邦楽の素晴らしさ、面白さを教えてくれました。
以降、洋楽も聴いてきましたが、興味の中心は邦楽となり現在に至っています。言い過ぎだと思われるかも知れませんが、78年~79年の2年間があったからこそ、80年代のJ-POPシーンが輝いたのだと思っています。
この時期の音楽をリアル・タイムで体験出来たことは本当にラッキーだったと思います。

今夜お届けする1曲もこの輝かしい2年の間に出会った素敵な曲です。
その曲は、当時歌謡曲に近いフィールドで活躍していた渡辺 真知子が1979年にリリースした4thアルバム『MEMORIES』に収録されていた「海辺の昼下り」です。渡辺 真知子のヒット曲は、どちらかと言えば歌謡曲風な親しみやすいメロディーが多いのですが、アルバムに収録されている曲の中には彼女の非凡な才能を感じさせるメロディーも沢山あります。
今回紹介する「海辺の昼下り」もまさにそんな1曲で、船山 基紀のアレンジの素晴らしさもありますが、とにかくメロウなナンバーです。
作曲のセンスは勿論ですが、八神 純子同様歌も一級品なので、聴いていて心地良い気分にさせてくれます。

『MEMORIES』は、本当に捨て曲無しの名盤だと信じて疑わない1枚です。シックなジャケ写真もなかなかのものではないでしょうか・・・。
機会があったら多くの人に聴いて欲しいアルバムです。

「海辺の昼下り」 / 作詞・作曲:渡辺 真知子、編曲:船山 基紀
Drums : 林 立夫
Bass : 岡沢 茂
Electric Guitar & Gut Guitar : 松原 正樹
Acoustic Guitar : 笛吹 利明
Keyboards : 田代 真紀子、大谷 和夫
Percussion : 斉藤 ノブ
Strings : 多グループ
Chorus : BUZZ
Trombone : 新井 英治


[PR]
70年代の終盤頃、FUSIONやCITY POP系の音楽を好んで聴くようになるとメロディーやサウンド(演奏)が興味の中心となってきて、段々と歌詞というものに無頓着になってきました。
決して歌詞はどうでも良いということでは無いのですが、あくまでも興味の対象がサウンドになってしまったに過ぎないのですが・・・。
この頃から歌詞カードを読んだりしていても内容を深く理解しようという感じは無くなってしまいました。
ただ、さだまさしのように歌詞を聴かせることに長けたアーティストの曲は、ちゃんと頭に歌詞が入ってきます(笑)

まるで歌詞に無頓着な私ですが、CITY POP系の音楽に中にも強烈に歌詞が印象に残っている曲もあります。
そんな1曲を今夜は紹介してみようと思います。

その1曲とは、ユーミンが1979年にリリースしたアルバム『OLIVE』に収録されていた「ツバメのように」です。
タイトルのイメージとは裏腹に飛び降り自殺を題材とした曲なんですが、何とも重いテーマでありながらも天才・ユーミンらしく巧みな比喩で表現しています。
最初にこの曲はアレンジが気に入って聴いていたんですが、その重い歌詞の題材に気付き、何とも凄い曲を書くなと驚いたものでした。
数年後の1986年、アイドルの岡田 由希子が事務所のビルの屋上から飛び降り自殺を図ったというニュースを聞いた時、不謹慎かも知れませんが何故かこの曲が頭に流れたのを覚えています。

このような重い題材でありながら、メロディーやアレンジを重くしないという松任谷夫妻のセンスはさすがだと思います。
歌詞に注目して聴いてみて下さい。

「ツベメのように」 / 作詞・作曲:松任谷 由実、編曲:松任谷 正隆
Drums : 林 立夫、村上 秀一、高橋 幸宏
Bass : 高水 健司、細野 晴臣、小原 礼
Electric Guitar : 松原 正樹、今 剛
Acoustic Guitar : Ted M. Gibson
Keyboards : 松任谷 正隆
Percussion : 斉藤 ノブ、Pecker
Trumpet : 数原 晋、羽鳥 幸次、白山 文男、岸 義和、竹田 和三
Trombone : 新井 英治、岡田 澄夫
Sax : 村岡 健、Jake H. Conception、砂原 俊三
Flute : 相馬 充、衛藤 幸雄
Strings : TOMATO
Chorus : 松任谷 由実、山下 達郎、吉田 美奈子、和田 夏代子
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
最近、毎週週末に海に釣りに出かけています。
おかげでブログに費やす時間も少なくなってしまい、更新頻度が落ちてしまっており、コメントのレスも滞りがちになってしまっています。本当にすみません。

昔から釣りは大好きで友人とよく出かけていたんですが、その友人ともなかなか会えない状況が続き、ここ2年位は釣りに行くこともなくなってました。
去年の秋頃だったか、嫁さんとたまには釣りに行こうかと出かけたのがきっかけとなり、最近は暇さえあれば釣りに行くようになりました。
出かけるのは早朝4時頃だったり、夜釣りならば21時頃だったりと車を走らせるには交通量も少なくて快適です。
釣果は食べるのは忍びないサイズの魚で全てリリースして帰ってくるなんてこともありますが、広い海を見ながら魚のアタリを待って神経を竿先に集中している時間というのは、なんとも癒される一時です。
釣り場までの往復で利用する高速も空いていて気持ち良く走れます。昔は空いてれば飛ばしたくなりましたが、最近は本当にスピードを出さなくなりましたね。燃費の問題もありますが、好きな音楽を聴きながら時速100km位でゆっくり走っている方がドライブ気分を満喫出来て楽しいものです。
果たして時速100kmがゆっくりなのかという問題は別ですが・・・(笑)

前置きが長くなりました。今夜お届けする1曲は、ちょっとマニアックです。
その曲とは高村 亜留というアーティストが1985年にリリースした1stアルバム『ARU FIRST』から、吉田 美奈子、山下 達郎でお馴染みの曲「LAST STEP」(もちろんカヴァー曲です)です。
彼女の経歴等詳しい事は分かりませんが、このアルバムのレビュー記事を書いていますので、興味のある方は読んでみて下さい。(緑色のアルバム・タイトルがリンクになっています)

アルバム・ジャケットの写真の人物と歌声のミスマッチと言うのか。とにかく個性的な声の持ち主です。
私はいわゆるジャケット買いに近い状態で購入したんですが、最初に聴いた時写真のイメージと声質とのギャップに相当驚きました。
かなりパンチの効いた歌声ですが、歌は上手いアーティストなんで聴いてみて下さい。

「LAST STEP」 / 作詞:吉田 美奈子、作曲:山下 達郎、編曲:笹路 正徳
Drums : 長谷部 徹
Bass : 松原 秀樹
Guitar : 土方 隆行
Keyboards : 笹路 正徳
Chorus : 高村 亜留


[PR]
今夜お届けする1曲は、「スター誕生」出身のアイドル歌手(1978年デビュー)、金井 夕子が1981年にリリースした4作目のアルバム『écran』に収録されていた「銀幕の恋人」です。
アイドル歌手としてデビューした金井 夕子でしたが、他のアイドル歌手とは違って"落ち着いた雰囲気"とちょっと"暗い"イメージを漂わせており、その辺りが妙に惹かれました。当時私にとっての永遠のアイドル、キャンディーズを除けば1番好きなアイドル歌手だったかも知れません。

今夜紹介する「銀幕の恋人」を聴いて、尾崎 亜美の歌を思い出す人も多いでしょう。
尾崎 亜美が1981年にリリースしたアルバム『Air Kiss』に収録されているのですが、金井 夕子の『écran』が81年の2月、尾崎 亜美の『AIR KISS』が81年12月のリリースですから、金井 夕子に提供した曲のセルフ・カヴァーということになるのでしょう。
いかにも尾崎 亜美といった感のあるメロディー・ラインで、尾崎 亜美のセルフ・カヴァーも良いのですが、私は金井 夕子の「銀幕の恋人」が好きですね。

金井 夕子は舌が長いのか、短いのか分かりませんが、さ行の"さ"、"す"、"そ"やた行の"つ"の発音が独特です。この発音のせいか、絶妙な違和感と言うか言葉は悪いですが若干の気持ち悪さがあるのですが、これも私にとっては魅力となっています(笑)。
ぜひその辺りも意識して聴いてもらえると面白いと思います。加えて尾崎 亜美のコーラスと鈴木 茂のギター・ソロも聴き所です。

「銀幕の恋人」 / 作詞・作曲:尾崎 亜美、編曲:鈴木 茂
Drums : 山木 秀夫
Bass : 後藤 次利
Electric Guitar : 鈴木 茂
Acousitic Guitar : 吉川 忠英
Keyboards : 佐藤 準
Percussion : 浜口 茂外也
Chorus : 尾崎 亜美


[PR]
最近のJ-POPシーンについては本当に疎い私ですが、様々なメディアから流れてくる音楽を耳にして感じることがあります。
昔に比べると個性的な歌声が少なくなったなと・・・。
もちろん歌声も十人十色で同じ声の持ち主なんていませんから、突き詰めれば皆個性的なんですよね。でも強烈な個性を持った歌声というのは確かに減っている気がします。変な言い方かも知れませんが、ものまね芸人さんがものまねし辛いのが現代のJ-POPアーティストなのかも知れません(笑)

今夜お届けする1曲は、その個性的な歌声が魅力なアーティスト・彩 恵津子の楽曲で、1986年にリリースされた通算5作目となるアルバム『PASSIŌ』に収録されていた「ピグマリオン」です。
初めて彩 恵津子の歌を聴いた時、歌が上手いとか下手とか言う以前にその個性的な歌声に耳を奪われました。どこか頼りなげで危なっかしい感じのするヴォーカルなんですが、何故かその歌声は心地良いんですよね。
本当に不思議な歌声を持ったシンガーだと思います。

アルバム『PASSIŌ』は私の1番好きなアルバムです。
初期の彼女の音楽はカレッジ・ポップスといった趣きがありましたが、このアルバムは都会的でダンサブル、全体的にクールな感じと彼女の歌声が見事にマッチしています。
プロデュースは康 珍化、サウンド・プロデュースを鳥山 雄司が手掛けています。言葉を操るプロフェッショナル・康 珍化と音の魔術師・鳥山 雄司がタッグを組んでいるというのが凄いですし、面白いです。
ぜひ彩 恵津子の不思議な歌声を楽しんで下さい。

「ピグマリオン」 / 作詞:森田 記、作曲:辻畑 鉄也、編曲:鳥山 雄司
Drums : 山木 秀夫
Bass : 美久月 千晴
Electric Guitar : 鳥山 雄司
Acousitic Guitar : 吉川 忠英
Keyboards : 鳥山 雄司、森村 献
Percussion : 木村 誠
Background Vocal : 山川 恵津子、木戸 やすひろ、比山 貴詠史、EVE、鳥山 雄司
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
今夜お届けする曲は、ルパン三世の音楽や数々の映画音楽、TVドラマの主題曲で知られる大野 雄二が、1978年にリリースした1stソロ・アルバム『SPACE KID』のオープニングを飾った曲「PROLOGUE -CRYSTAL LOVE-」です。
私の大野 雄二の音楽との出会いは、やはりルパン三世のテーマ曲でした。1977年から放送されたルパン三世の2ndシリーズから大野 雄二が音楽を担当していますが、やはり有名なあのインストのテーマ曲には痺れましたね(笑)
このテーマ曲が評判になり、「ルパン三世のテーマ」としてシングル・リリースされ、よく1978年には当時のアニメには珍しいサントラ盤『ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック』がリリースされました。

このサントラ盤の出来が素晴らしく、アニメファンのみならずFUSION音楽が好きな人にも受け入れられたように思います。私もこのサントラ盤は本当によく聴きましたし、大野 雄二の音楽に興味を持ちました。そしてこの1stアルバム『SPACE KID』に出会いました。当時の技術を駆使して録音されたアルバムで、1978年という時代でありながら素晴らしく音の良い作品でした。収録曲の全てがメロディアスで、映画音楽やTV番組のBGMとして使えそうな感じで、まさに大野 雄二らしさ全開といった感があります。
今夜お届けする「PROLOGUE -CRYSTAL LOVE-」も美しいメロディーが印象的な1曲です。今から30年以上も前の録音ですが、その音の良さにも注目して下さい。

ルパン三世と大野 雄二との出会いは1977年。1978年には初めてのサントラ盤がリリースされ、1979年には宮崎 駿の初監督作品であり、名作として愛され続けている映画「ルパン三世 カリオストロの城」が公開されました。いやはや1970年代終盤というのは色々と刺激があって、面白い時代だったなと改めて感じます。

「PROLOGUE -CRYSTAL LOVE-」 / 作・編曲:大野 雄二
Drums : 市原 康
Bass : 岡沢 章
Guitar : 松木 恒秀
Keyboards : 大野 雄二
Percussion : 穴井 忠臣、ラリー須永、斉藤 不二夫
Flute : 衛藤 幸雄 他
Sax : Jake H. Conception
Flugel Horn : 鈴木 武久 他
Strings : 鈴木グループ
Harp : 山川 恵子
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
今夜お届けする1曲は、刀根 麻理子が1990年の秋にリリースしたシングル曲で、アルバム『Vois de L'âme』の冒頭を飾った「ソワレの夜 突然に」です。私が名曲と信じて疑わない1曲です(笑)
彼女の音楽を聴くようになったのは割と最近(ここ2年位)なんですが、初めて歌声を聴いた時にその艶っぽい歌声に衝撃を受けました。まさしく大人の女性ヴォーカリストという感じで、このような衝撃は門 あさ美を初めて聴いた時以来だったかも知れません。

最近のJ-POP関連の音楽においては、こういう大人の女性を感じさせる曲というのが少ないですね。大人の女性シンガーが沢山活動しているにも関わらず、チャートを賑わせないというのはちょっと寂しい気もします。
いつの時代においてもレコードやCDの売り上げというのは10代、20代の若い世代に左右されているので仕方の無いことかも知れませんが・・・。
こういうタイプの曲がチャートに入ってくるようだと面白いと思うんですよね。それにはもっと中年が音楽を聴かないといけないですね。
普通は年齢と共に音楽を聴くことが少なくなるみたいですが、私の場合は逆で30代の頃に比べると数倍今の方が音楽を聴いてます。変わり者ということなんでしょう(笑)

『Vois de L'âme』は、パリで録音され、タイトルからも窺えるようにヨーロピアンな雰囲気が漂うアルバムに仕上がっています。山口 美央子、上田 知華の二人の楽曲が中心になっているのですが、二人とも優れたソング・ライターですから、良い曲が揃ったアルバムです。機会があったら聴いてみて下さい。

最後に皆さんにお知らせしておきたいことがあります。
今年の4月からYouTubeに音源をUPするようになって、今までに160曲を超えました。最近になってUPした音源が削除されるケースも出てきています。
これは最初から覚悟していたことなので、私としては仕方の無いことと諦めております。
そんなこともあり、過去記事を読んで頂いた時に音源が無くなっているのも出てくると思いますが、ご容赦下さい。
こんな事を書いて良いのか判りませんが、もし気に入った音源があったらDLしちゃって下さい。YouTubeから音源だけを抜くことも可能です。"YouTube MP3 変換"とでもキーワードを入れて検索すれば見つかると思いますので・・・。よろしくお願いします。

「ソワレの夜 突然に」 / 作詞:有川 正沙子、作曲:山口 美央子、編曲:Raymond Donez


[PR]
憧れの歌声 ◇ 2010年 10月 12日
皆さんも経験があると思いますが、録音された自分の声を初めて聞いた時に愕然としませんでしたか?(笑)
私は初めてカセットに録音した自分の声を聞いて、その声の魅力の無さに驚愕と共にショックを受けましたね。
初めて録音された自分の声を聞いた頃というのは、まだカラオケなんて無い時代(8トラックのカラオケが出始めた頃)でした。
カラオケが流行し出して、当然私も飲み会の2次会とか友人達とカラオケに行くようになりましたが、どうしても気持ち良く歌えない。歌っている自分の声に魅力の無いことを承知しているから・・・。
だから歌手やアーティストのように綺麗な歌声の持ち主には凄く憧れるんです。自分の歌声がこんな美声だったら自分も迷わずデビューしていたんだろうなと、勝手に想像を膨らませたりしています。馬鹿ですね(笑)

私が心から憧れている歌声の持ち主は、米倉 利紀です。
男の私が聴いても色っぽい声ですし、歌も当然上手い!もっとブレイクしても良いはずだと前から思っておりました。
今夜はそんな米倉 利紀関連の曲を2曲紹介します。
普段であれば米倉 利紀のオリジナル曲を選ぶのが筋なんでしょうが、彼の歌声の魅力を感じてもらおうと趣向を凝らしました。
米倉 利紀がデュエット・ヴォーカルとしてゲスト参加した曲を2曲お届けしようと思います。曲の主役であるアーティストの歌声と比較することで米倉 利紀の声の魅力に迫れるのではないかと思っています。

まず1曲目は、郷 ひろみが1995年にリリースしたアルバム『I miss you ~逢いたくてしかたない~』に収録されていた「SEVENTH HEAVEN」。

「SEVENTH HEAVEN」 / 作詞:夏目 純、作・編曲:羽田 一郎
Duet : 米倉 利紀
Guitar : 羽田 一郎
Programming : 迫田 到
Keyboards : 柿崎 洋一郎
Chorus : アマゾンズ



そして2曲目は、中西 圭三が1994年にリリースしたマキシ・シングル「非情階段 (Hyper-Radio MIX)」からタイトル曲をお届けします。

「非情階段 (Hyper-Radio MIX)」 / 作詞:朝水 彼方、作曲:中西 圭三、編曲:小西 貴雄
Featuring : 米倉 利紀


[PR]
今夜は、1970年代終盤頃に夢中になって聴いていたFUSION系音楽から1曲お届けします。
1978年頃は本当にFUSION(当時はクロスオーバーと呼ばれてましたが)をよく聴いていまして、国内外問わず聴き漁っていたという感じでした。
ベテランも新人も関係無く、評判の良いミュージシャンやグループを色々聴いていました。特に夢中になって聴いていたのが今夜紹介するTHE SQUAREのデビュー・アルバム『LUCKY SUMMER LADY』でした。

当時、大学を卒業して間が無い安藤 正容を中心とした若いミュージシャンが集まったグループでしたが、彼等のサウンドはフレッシュでありながら、どこか落ち着きもあり、いかにも70年代のFUSIONといった趣きの演奏が魅力でした。
今聴くとアレンジ面で野暮ったい感じも否めませんが、このアルバムを聴くと1978年頃の自分を思い出させてくれる作品で、私にとってはスクェアのどのアルバムよりも思い入れの強いアルバムなんです。

加えてジャケットも素敵でした。当時キャノンのカメラのTV-CMのワンシーンをジャケットにしたものですが、このアルバム・ジャケットを壁に掛けてインテリアとして活用していた人も多かったのではないでしょうか。
私も勿論その一人でしたし、スケベな友人は裏ジャケットを飾っていましたが・・・(笑)
ちなみにどんな裏ジャケットだったかは、YouTubeにUPした静止画に表と裏のジャケット写真を切り替えて表示するようにしていますので、ご覧になって下さい。

そんな思い入れの強いアルバムから今回選んだのは、アルバムのクロージング・ナンバー「Before It's Gone Too Far」です。いかにも70’sFUSIONといった感じの曲調がたまらない1曲です。どこかぎこちなさを感じる部分もあるのですが、彼等のFUSION音楽への愛着も感じられて大好きな1曲です。

「Before It's Gone Too Far」 / 作曲:安藤 正容、編曲:THE SQUARE
伊藤 毅 : Tenor Sax、Alto Sax、Flute
安藤 正容 : Guitar
御厨 裕二 : Guitar
宮城 純子 : Keyborads
鷺巣 詩郎 : Solina、Synthesizer
中村 裕二 : Bass、Synthesizer
河合 誠一 : Drums、Percussion
仙波 清彦 : Percussion


[PR]
今夜お届けするのは、70年代終盤頃より作曲家として頭角を現し、80年代に入り杏里、松田 聖子、田原 俊彦、石川 秀美等の楽曲を手掛け、ヒット曲を量産していたメロディー・メーカー・小田 裕一郎が1984年にリリースしたアーティスト・デビュー・アルバム『ODA』に収録されていた「Fashion Music」です。

作曲家として売れっ子となった頃に制作されたアルバムだけあって、レコード会社も相当力を入れていたのが窺えます。国内外の売れっ子ミュージシャンの起用(詳細は過去記事を参照下さい)し、まさに贅沢三昧といった感もあります。
ただ、AORやブラコンといった洋楽志向が強く、キャッチーなメロディーは相変わらずなんですが、どうもアレンジと小田 裕一郎のヴォーカルとがチグハグな印象を受けました。決して悪いアルバムではありませんが、個人的には名盤とまでは呼べない、そんなアルバムです。
そんなアルバムの中において、CITY POP色が強くて私好みの曲が「Fashion Music」です。

林 哲司、小森田 実や織田 哲郎等、作曲家としては超売れっ子なのに、アーティストとしてリリースされたアルバムや楽曲が売れないケースが多いですが、小田 裕一郎も御他聞に漏れずって感じですね(笑)

「Fashion Music」 / 作詞・作曲:小田 裕一郎、編曲:松井 忠重
Drums : 岡本 敦男
Bass : 渡辺 直樹
Guitar : Marty Walsh、今 剛、松原 正樹
Keyboards : 富樫 春生
Percussion : 斉藤 ノブ
Tenor Sax : Jerry Peterson
Back Vocals : Andrea Robinson、Beth Anderson


[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon