Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
| |
最近は週一回の更新がやっとという状態になってしまってます(汗)
しかし、仕事の忙しさも峠を越した感じですので、3月に入れば少しは更新頻度を上げることが出来そうです。
それにしても2月は忙しかったです。
若い頃は、ある程度の疲れだったら気力で乗り切れたのですが、最近はその気力さえ湧いてこない程疲れきってしまう・・・(笑)
もはや身体を休める以外に術が無いというのが、老けたなと実感すると共にちょっと寂しい気持ちになりました。でもまだ頑張らなければ。

さて、本題です。今夜もまだしつこく続く私の好きな林 哲司の楽曲紹介(笑)
今夜紹介するのは、和久井 映見の「抱きしめたいのはあなただけ」です。私が名曲だと信じて疑わない1曲でもあります。
「抱きしめたいのはあなただけ」は、1992年にシングルとしてリリースされました。しかし、お届けするのは1993年にリリースされたアルバム『PEARLY』に収録されていたremix versionです。鳥山 雄司のオリジナル・アレンジも決して悪くはないのですが、私はremix versionの方が好きです。
林 哲司自身もお気に入りの曲だったらしく、セルフカヴァーしているようです。残念ながら林 哲司のテイクは持っていませんが、YouTubeで検索すれば見つかると思います。

和久井 映見の歌に関しては、女優が単に人気に乗っかってCDをリリースしたとずっと思っていたので、初めて聴いた時には良い意味で裏切られました。
彼女の歌の魅力は、シンガーとしての自信を垣間見れるような堂々とした歌いっぷりと綺麗な声質にあるような気がします。滑舌の良さも女優という仕事には大切なことで、それが歌に生きているのかも知れません。和久井 映見がナレーションの仕事が多いのも納得です。
聴いていて気持ちがホンワリしてきて、とてもリラックスした気分になれる1曲です。

「抱きしめたいのはあなただけ」/ 作詞:戸沢 暢美、作曲:林 哲司、Remix:小倉 博和・角谷 仁宣


[PR]
久しぶりの更新になってしまいました。
コメントを頂戴した皆さん、レスが滞ってしまいまして本当にすみません。今夜にでもレスさせて頂きますのでご容赦下さい。
2月に入ってから猛烈に仕事が忙しくなりました。特にこの1週間は超ハードな毎日で体中から悲鳴が聞こえてきている状態です(笑)
機能一日何もせずゆっくり身体を休めたので幾分楽にはなりましたが・・・。しかし、明日からまた忙しい日々が来るのかと思うとそれだけで疲れますね。
3月に入れば少しは落ち着くかも知れませんが、それまでは更新ペースは週一位になってしまいそうです。それでも時間が許す限り更新したいなと思っていますので、暇な時間に覗いてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

さて今回紹介する音源も私の敬愛する作曲家・林 哲司の楽曲をお届けします。意外としぶとく続けていますが・・・(笑)。
お届けするのは、児島 未散が1989年にリリースした林 哲司によるプロデュース・アルバム『Key of dreams』の中から、アルバム・タイトル曲になっている「key of dreams」です。
アルバム『Key of dreams』は、林 哲司のプロデュースでありながらも村田 和人、杉 真理、山本 達彦、岸 正之、山川 恵津子といったアーティスト系の作曲陣を迎えて作られており、聴き易い1枚に仕上がっています。林 哲司自身が書いた曲は5曲です。
お世辞にも歌の上手いとは言えない児島 未散なんですが、林 哲司マジックとでも言いましょうか、不思議と歌の下手でもすんなりと聴けるメロディーなんで抵抗無く聴けるのではないでしょうか。
アレンジを手掛けているのは、山川 恵津子。なかなか雰囲気が良くて、メロディーにピッタリくるアレンジに仕上がっている気がします。
アルバム全体の印象としては初期の竹内 まりや路線を狙っている感じなんですが、声質に個性が無い分インパクトに欠けますね。
それでも良い曲も多いので機会があったら聴いてみて下さい。

「key of dreams」 / 作詞:吉元 由美、作曲:林 哲司、編曲:山川 恵津子
Drums : 山木 秀夫
Bass : 美久月 千晴、松原 正樹
Guitar : 松原 正樹、鳥山 雄司、土方 隆行
Keyboards : 恩田 直幸、松浦 義和、西脇 辰弥、南部 昌江、山田 秀俊
Sax : Jake H. Conception
Chorus : 山川 恵津子、木戸 やすひろ、比山 貴詠史、高尾 直樹、高尾 のぞみ、寺本 りえ子
(アルバム・クレジットより抜粋)


[PR]
ここ何日も更新をサボっていたにも関わらず、沢山のコメントを頂戴しまして本当にありがとうございます。レスが滞ってしまい、本当に申し訳ありません。
何しろ何故か今月は仕事が忙しい状態が続いておりまして、来週も5日間の内4日間が出張という50歳過ぎの身体にはかなりきつい状況に陥っています。でも会社の業績が良いので贅沢を言ってはいけませんね(笑)
そんな訳で今月は更新のペースがかなり落ちると思いますが、ご容赦下さい。

さて今日は建国記念日。実は私の23回目の結婚記念日でもありました。温泉でも行こうかと思っていたんですが宿が取れず、また生憎の雪だったので前から考えていたTVを買いに行きました。我が家はPCでTVを見る以外はまだ地デジ化が済んでおりませんでした。リビング用のTVを買おうと何ヶ月も前から色々電器店をあれこれ見てまわっており、今日ついに購入しました。
事前にネットで各メーカーのTVの評判なんかも調べたんですが、TVの場合は実際に画像を見て気に入ったものを買うのが1番だと思い、結局購入したのはAQUOS クアトロン 3D(LVシリーズ)の40インチでした。本当は46インチが欲しかったのですが、同時に3D対応のブルーレイディスクレコーダーも欲しかったので予算的に40インチに落ち着きました。ディスクレコーダーはやはりSHARPのAQUOSブルーレイ・BD-HDW70という1TBのHD搭載機種にしました。
有名大型量販店で購入したんですが、色々店員さんと話をしながらかなり安くしてもらえました(笑)
TV+ブルーレイディスクレコーダー+3Dメガネ(追加用)1個+BD-REディスク5枚を購入したんですが、思っていた以上に安く買えて大満足です。
配達が日曜日なんで今から楽しみです。早くPS3のアンチャーテッド2をAQUOSで遊びたい!!

かなり前置きが長くなってしまいました。さて本題の音楽の話題です。
今夜も懲りずに私の大好きな林 哲司の楽曲をお届けしようと思います。紹介するのは林 哲司自身が歌っている曲です。1992年リリースのアルバム『POP × ART』に収録されていた「Loving in the rain」です。お気付きの方もいるかも知れませんが、前回紹介した吉野 千代乃の「Driving In The Rain」の林 哲司ヴァージョンです。タイトルも歌詞も違いますが、メロディーは当然一緒です。参加メンバーも豪華ですし、吉野ヴァージョンと聴き比べてみるのも面白いだろうと思いUPした次第です。特にギターは吉野ヴァージョンは松原 正樹、林ヴァージョンは今 剛なので、この二人のプレイを聴き比べるのも一興かも知れませんね。『POP × ART』にはお気に入りの曲が結構ありまして、機会をみてまた紹介したいなと思っています。

「Loving in the rain」 / 作詞:朝方 彼方・林 哲司、作曲:林 哲司、編曲:林 哲司・中村 圭三、コーラス・アレンジ:林 哲司
Drums : 村上 秀一
Electric Guitar : 今 剛
Keyboards : 富樫 春生、中村 圭三
Backing Vocals : 竹内 まりや、楠瀬 誠志郎
Strings : 加藤JOEストリングス
Synthesizer Programmer : 大坂 正


[PR]
今夜も懲りずに私の好きな林 哲司の楽曲をお届けしましょう。
紹介するのは、しっかりした歌唱力が魅力ながらも知名度は今ひとつといった感のある実力派シンガー・吉野 千代乃が、林 哲司のプロデュースの下1992年にリリースした通算8枚目となるアルバム『Journey To Love』に収録されていた「Driving In The Rain」です。
知る人ぞ知るといった感じのシンガーですが、結構彼女の歌を好きな人が多いらしく、YouTubeにも沢山の彼女の歌がUPされています。今回紹介する曲も既にUPされていましたが、構わずにUPしました(笑)

林 哲司は、アルバム収録曲10曲中8曲の作曲(内2曲は吉野 千代乃との共作)を、アレンジも5曲(内2曲は中村 圭三との共同アレンジ)を手掛けています。どの曲もレベルが高く、かなりAOR色の強いと言えると思います。林 哲司本人もかなり気に入っていた曲が多かったようで、林 哲司が同じ1992年にリリースした自身のアルバム『POP x ART』にこのアルバムから2曲を取り上げています。
その中の1曲が「Driving In The Rain」なんですが、林 哲司ヴァージョンは詞を変えており(作詞は朝方 彼方)、タイトルも「Loving in the rain」と変わっています。林ヴァージョンは、吉野ヴァージョンよりゆったりしたテンポになっていますが、これはこれで結構良いんですよね。機会があれば林 哲司ヴァージョンを紹介したいのですが、『POP x ART』はワーナー・ミュージック・ジャパンなのでちょっとやっかいなんです・・・(汗)
いつかトライしてみます。

『Journey To Love』には本当に良い曲が多いので、今回の曲以外にも時期をみて何曲か紹介したいなと思っています。
林 哲司の数あるプロデュース作品の中でも楽曲の良さ、ヴォーカルの良さが光る1枚だと思います。根気良く探せば中古店で入手可能かと思いますので、興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。

最後に私事ですが、2月に入ってから例年とは比べものにならない位に仕事が忙しい状態です。
平日は記事の更新はおろか、頂戴したコメントのレスも滞るかも知れません。毎日ブログはチェックするようにしますが、レスが遅れてもご容赦頂ければ幸いです。

「Driving In The Rain」/ 作詞:田辺 智沙、作曲:林 哲司、編曲:林 哲司・中村 圭三
Keyboards & Programs : 中村 圭三
Guitar : 松原 正樹
Acoustic Piano : 富樫 春生
Chorus : 曳田 修、鈴木 弘明


[PR]
今回もまた私の好きな林 哲司の楽曲をお届けします。
まだ林 哲司が作曲家としてブレイクする前の1978年、木ノ内 みどりの8枚目のアルバム『苦いルージュ』に3曲を書き下ろしていまして、今回紹介するのはその中の1曲「木曜にはきっと・・・」です。
どこか林 哲司っぽさを感じさせないメロディーとアレンジが、今聴くと新鮮な感じがします(笑)

木ノ内 みどりと言えば、私の年代にとっては絶対に外せないアイドルの一人でした。私は特にファンという訳では無かったのですが、それでも可愛いなと思えるアイドルでしたね。私の学生時代の友人の中には彼女の熱狂的なファンが結構いました。
歌に関してはお世辞にも上手いとは言い難く、はっきり言ってしまうとアルバム1枚聴くのは辛いなと思う部分もありますが(笑)、楽曲を提供していたのが林 哲司や大野 克夫ということで聴いてました。

聴いて頂ければ分かると思いますが、「木曜にはきっと・・・」はボサノバ調のアレンジです。メロディーもアレンジも特筆するような部分の無い曲なんですが、サビのメロディーやギター(おそらく松原 正樹だと思いますが)の使い方にセンスの良さを感じさせてくれます。
ブレイクする前の林 哲司の作品にも良い曲が沢山ありますので、機会をみてまた紹介したいなと思っています。

「木曜にはきっと・・・」 / 作詞:三浦 徳子、作・編曲:林 哲司
(参加ミュージシャンは不明)


[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon