Music Avenue
musicave.exblog.jp
Top
尾崎 亜美_HOT BABY ◇ 2005年 10月 11日
e0081370_22343059.jpg 

バブル絶頂期にJ-POP業界では、こぞって海外録音していた。80年代は特にその傾向が顕著だった気がする。猫も杓子も・・・という状況だったので、海外録音と言ってもピンからキリまでだった。
そんな中ににおいて強くお薦めしたい1枚。J-POPのカテゴリには入れているものの、J-AORと言い切ってしまえる名盤。

尾崎亜美というアーティストは、ソング・ライティングや歌の上手さ、あまり知られていないがかなりの腕前のキーボード・プレイヤーである。兎角ユーミンと比較される事が多いが、ユーミンと決定的に違うのはROCK系の曲を書けて歌えるところだろう。声量もあるし、桃姫バンドとしてROCKのカバー・アルバムを出すほどである。

何はともあれメンバーの紹介を(笑)

Guitar : Jay Graydon / Steve Lukather
Drums : Jeff Porcaro
Keyboards : David Foster / Tom Keane
Bass : Neil Stubenhaus
Sax : Tom Scott
Background Vocal Arrange : Nick De Caro

Engineered & Mixed by Al Schmitt

AORファンを唸らせる程のこれ以上の贅沢は無いと言えるメンバーである。
尾崎亜美のデモ・テープを聴いたデヴィッド・フォスターが彼女の才能に惚れこみ、このアルバムと次作品の2枚に全面的にバックアップしている。このアルバムでのデヴィッド・フォスターのアレンジは、緻密に計算されたものではなく意図的にバンドサウンドを狙った感じを受ける。それだけにTOTO+AIR PLAYのジョイント・ライブを聴いているかのようである。

鳥肌が立つくらいに素晴らしいプレイを聴かせてくれるのは、ジェフ・ポーカロ。とにかく彼のドラミングに圧倒される。特に「Prism Train」のドラミングは凄いの一言である。こういうノリは、まさにポーカロならではのもの。彼女の代表作の「蒼夜曲 セレナーデ」もロック色強いアレンジで面白い。尾崎亜美のボーカルの良さとソング・ライティングのセンスの良さを知るにはもってこいのアルバムである。
[PR]
濱田 金吾_ハートカクテル ◇ 2005年 10月 10日
e0081370_22242745.jpg 

「僕にまかせて下さい」というヒット曲を持つフォーク・グループに在籍していた濱田金吾の通算6枚目のアルバム。濱田金吾のソロ・デビューは、1980年の『MANHATTAN IN THE RAIN』というアルバムでAirレーベルに在籍していた。Airレーベルで計3枚のアルバムをリリース後、MOONレーベルへ移籍した。名前の表記も「濱田」から「浜田」へ変えていた。このレーベルの移籍はあの山下達郎と同じである。MOONレーベルで2枚のアルバムをリリースして、東芝へ移籍。ここでまた名前表記を「浜田」から「濱田」へ戻した(笑)

このアルバムは、東芝移籍第1弾で1985年にリリースされたもの。とにかくCITY POPのカタログのような音楽である。日本人に馴染むメロディー、洗練されたアレンジ、甘いボーカルと3拍子が見事に揃った人である。一時期「浜田と言えば、金吾です」という何ともベタなコピーがあって、浜田省吾ファンにはひんしゅくだったとか・・・。このコピーのせいで聴かず嫌いだったという人もいた位である。ジャケット・イラストはわたせせいぞう。タイトルも「ハートカクテル」なんてのもベタである(笑) しかし、名盤である。

濱田金吾を好きな人の間では、前作『Mugshot』を最高傑作だと評価する人が多い。確かに良いアルバムだ。でも私はこのアルバムが1番好きなのである。
この人には緻密な音よりも、どこかゆるいところがあった方が似合ってる気がする。そんなゆるさが心地良いアルバムである。

ほとんど全てのアルバムがCD化されたが、この東芝でリリースされたものは現在では入手困難なようだ。もし、興味のある方はMOON時代のBEST盤がリリースされているので、そこから聴き始めるのが良いだろう。損はしませんよ!
[PR]
自作コンピ ◇ 2005年 10月 10日
iPODに代表される大容量のMP3プレイヤーが流行っている中、いまだにCD-Rに好きな曲を集めて聴いているレトロなおやじである(笑)学生時代、一生懸命にカセットのMy Bestものを作ってた時の楽しさを今も追い続けてるのかもしれない。

「海」、「夜」、「夏」等のテーマに沿って自分の好きな曲を集めて、曲順を考えて作ったテープを必死に作っていたあの頃・・・。今でもたまにこういう自作コンピを作りたくなるのだ。
作ってみようかなと思案中なのが、曲のタイトルに『東京/TOKYO』がつく曲を集めたコンピ。探せばタイトルに『東京/TOKYO』がつく曲って数がありそうだ。ただ、コンピを作る上で統一感は出していきたいので、演歌やまんまフォークというのは避けたい(笑)

休日の暇なおやじの密かな楽しみである(笑)

タイトルに『東京/TOKYO』がつく曲で良い曲があったらぜひ教えて下さい。

ちなみに現在の候補曲は・・・
[PR]
e0081370_21264596.jpg 

脚本家・舞台作家の三谷幸喜の書いた作品が好きで、TVドラマ、舞台、映画等を殆ど観てきた。本来コメディーを中心にずっと脚本を書いてきた人なのだが、少し異例な作品がある。1993年にフジテレビで放映されたTVドラマ『振り返れば奴がいる』である。

内容は、織田裕二扮する冷酷で金に汚いが外科医としての腕はピカ一の医師:司馬 江太郎と石黒賢扮する本来医者としてあるべき姿を追い求める正義の医師:石川 玄との対立を軸に大病院の内部の紛争や問題、医療に関する問題にメスを入れた感じのものだった。冷酷な医師:司馬の過去や苦悩が明らかになっていくと、彼の本来の姿が浮き彫りになっていく。

このドラマが何故異例なのか・・・。三谷幸喜と言う人は、コメディー専門と言ってもいい人なのにこのドラマには笑いの要素が殆ど無いのである。コアな三谷ファンならば思わずニヤリとする場面が多いのだが・・・。はっきり言ってしまえば、三谷らしく無いのである。ドラマのストーリーは良く出来ているし、ドラマの完成度も高い。それまで軟弱な役柄が多かった織田裕二が、このドラマをきっかけに役者としての幅を広げたのも事実だと思う。ニコリとも笑顔を見せない織田裕二の芝居は新鮮だったし、このドラマから織田裕二という役者が好きになった程だ。
何故、三谷は笑いの無い脚本を書いたのか・・・。実は、当初書いた脚本はコメディー・タッチのものだったらしいのだ。スタッフの手によって変更されシリアスなドラマになっていったということらしい。それならば納得がいく(笑)

自分の知らない所で脚本が直される事は、TVの世界ではよくある事なのかは不明だが、三谷自身はショックだったことだろう。当時の三谷は舞台の世界では、ある程度名が売れていただろうがTVの世界ではこれからという頃だったに違いない。そんな背景も重なったのでないかと思う。

しかし、転んでもただでは起きないのが三谷幸喜である(笑)この時の勝手にシナリオを変更されてしまった話を元に書いた脚本が、自分でメガホンを取った映画『ラジオの時間』だという。この映画も好きな作品の一つで、発想が面白いなと思っていたらこういう背景があったと知って余計に笑えた。いかにも三谷らしい(笑)

過去のTVドラマがどんどんDVD化される中、これほどのドラマが未だにDVD化されていない。一説によるとビデオ化されたのもかなり後になっての事らしい。ドラマの中で「尊厳死」などの難しい問題に触れていたからという話もあったが真偽の程はわからない。兎に角好きなドラマなんでDVD化を希望する!よろしく、ポニー・キャニオンさん!
[PR]
e0081370_0143453.jpg 

デヴィッド・フォスターのプロデュースにより、1980年にリリースされたAORの傑作。レイ・ケネディは、ポップ・ロック系と言うよりはむしろ、そのソウルフルな歌声からブルー・アイド・ソウル系のイメージが強いようだ。本作を聴いてもそのボーカル・スタイルは、R&Bの影響を強く受けているように感じる。泥臭いボーカルと、デヴィッド・フォスターの作り出す洗練されたサウンドの融合が聴き所だろう。

お薦めの曲としては、バラードの名曲だと信じて疑わない2曲「Just For The Moment」と「My Everlasting Love」。この「My Everlasting Love」は、ビル・チャンプリンが翌81年にリリースしたアルバム『Runaway』の中で歌詞を変えて「Tonight Tonight」というタイトルでカバーしている。この曲も大好きな曲なのだが・・・。スティーヴ・ルカサーのギターが冴える「Can't Seem To Find The Time」。
あと話題になったのは、「You Oughta Know By Now」という曲。何故話題になったかと言うと、80年に八神純子が出したヒット・シングル「パープル・タウン」と瓜二つだったからだ。当然盗作訴訟問題にまで発展したと記憶している。今では、「パープル・タウン~You Ougtha Know By Now~」とタイトルが変更され、作曲のクレジットにレイ・ケネディやデヴィッド・フォスターの名前がきちんと明記されている。
音楽業界も色々あって大変である(笑)

八神純子の曲とどれだけ似ているかを聴いて楽しむも良し、純粋にAORの名盤として楽しむも良しの2倍おいしいアルバムである事は確かである。
[PR]
黒住 憲五_Again ◇ 2005年 10月 08日
e0081370_22232869.jpg 

もしも願いか叶うなら、いの一番にCD化して欲しいアルバムがこれ。1982年にリリースされたこのアルバムは、当時当然の事ながら黒住憲五なる人物をしらなかった。クレジット買いで大当たりの1枚だったのである。サウンド・プロデュースが松原正樹、もうこれだけで私には買う価値があるアルバムだった訳だ(笑)

80年代で好きなCITY POP系のアルバムの中でもBEST5には絶対に入る作品。捨て曲無しと言える程のメロディーの良さ、松原正樹のアレンジの良さ、とにかくアルバムとしての完成度が高いのである。多くの人にぜひ聴いて欲しいアルバムなのだが、CD化が難しいという噂話を聞いた事がある。このアルバムはTDKレコードからリリースされたものだが、会社が無くなったと同時に音源も無くなったらしい。真偽のところは不明だが・・・。
夏から秋にかけて毎年必ず聴く愛聴盤である。

販売元のキングレコードに音源が残っていないのだろうか?

こんなに良いアルバムを眠らせておくのはもったいないし、多くの音楽ファンにとっては大きな損失だとさえ思えるのだが・・・。

実はこんな嬉しい話も・・・
[PR]
山口 百恵_A FACE IN A VISION ◇ 2005年 10月 07日
e0081370_2124510.jpg 

現在の㈱ソニー・ミュージックエンタテイメントが、CBSソニーという会社名だった1970年代。この会社には優秀なプロデューサーが多く存在していた。最近のアーティスト系プロデューサーとは違って、純粋な裏方の職人達である。今回紹介するのは、酒井政利である。彼の手掛けたアーティストは、南沙織、天地真理、郷ひろみ、浅田美代子、山口百恵、キャンディーズ、太田裕美、矢沢永吉、ジュディ・オング、岸田智史、SHOGUN、久保田早紀、松田聖子、原田知世等で、それこそ数え切れない程のアーティスト、そしてヒット曲を送り出してきた人である。

70年代後半からは、エグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされる事が多くなり、実質的なアルバム製作は若手に任せていたようだ。

酒井政利と言えば、やはり山口百恵であろう。酒井氏の凄いところは、アイドル系が中心であったのだが、シングルとアルバムとの色分けをキッチリさせていたところだろう。世間一般的には山口百恵のヒット・シングル曲しか聴いた事が無い場合が多い。シングルとは、世間一般に受け入れられなければ意味が無い訳で、その辺のコントロールの上手い人だったと思う。注目して欲しいのは、アルバムだ。山口百恵のアルバムは、良く出来たものが多い。様々な作家を起用して、様々なタイプの曲にチャレンジさせていた。歌手としての懐の広さを感じさせてくれるアルバムが多いのである。

この『A FACE IN A VISION』は、1979年のリリースでNHKの特番「山口百恵 激写・篠山紀信~映像と音のフュージョン」との連動企画で製作されたものだ。若干20歳とは思えぬ様な妖艶な声と歌。JAZZ、シャンソン、ロック、フォルクローネと様々なボーカル・スタイルを聴かせてくれる。ファンの間で根強い人気を持つ「おだやかな構図」やフォルクローネが新鮮な感じを与える「デイ・ドリーム」等が聴き所と言える。私が1番好きな百恵のアルバムである。

こんなアルバムも・・・
[PR]
LEE RITENOUR_Friendship ◇ 2005年 10月 06日
e0081370_22244879.jpg 

当時CROSSOVERと呼ばれていた音楽に最初に触れたのが、リー・リトナーだった。
最初の出会いは、『Lee Ritenour & His Gentle Thoughts』で歌の入っていない音楽で初めて良いと思ったアルバムだった。まず、驚いたのはこのレコードの音の良さ。
それもそのはず、ダイレクト・カッティングという技術を使ったレコードだったのだ。今では、デジタル・レコーディングが当たり前でノイズ等とは無縁の世界になりつつある。

しかし、70年代後半のレコーディング事情と言えば磁気テープを使って録音し、ミキシングを施した後にレコードの原盤であるラッカー盤に溝を刻んでいく方法であった。
テープに録音したものを音源に使う場合、原音に比べて音質が劣るしノイズも発生しやすくなる。そこで各レコード会社は競って原音に近い音を求めていた。その究極とも言えたのが、ダイレクト・カッティングであった。

マイク等で拾った音をテープに録音するのではなく、ミキサーを通し調整された音をラッカー盤にその場で溝を刻んでいく手法だ。
そうなれば、録音はレコード片面分をアーティストは続けて演奏しなければならない。曲間の無音部分の数秒で楽器を持ち替えたりしなければならなかったし、当然ミスは絶対に許されない訳だ。録り直しがきかない一発録りなのである。演奏する側だけでなく、エンジニアにも相当のプレッシャ-があった事だろう。

そんな過酷なダイレクト・カッティングのアルバムを4枚もリリースしたのが、リトナーだった。この『Friendship』は、3枚目のダイレクト・カッティングである。どのアルバムも素晴らしいアルバムだが、このアルバムが1番のお気に入りである。その理由は、スティーヴ・ガットのドラミングにある。それまでリトナーのバックでドラムを叩いていたのはハーヴィー・メイソンが多かった。個人的な好みだが、やはりガッドのドラムが格好良いのである。

メンバーは
Guitar : Lee Ritenour
Bass : Abraham Laboriel
Keyboard : Dave Grusin / Don Grusin
Drums : Steve Gadd
Sax : Ernie Watts
Percussion : Steve Forman

アルバム1曲目の「Sea Dance」は特に圧巻で、8分の7拍子という変則リズムでありながらギター、エレピ、サックスの高速ユニゾン。少しのずれも無い演奏は、さすが一流と感心させられたものだ(笑)しかも一発録音でなのだ。
今でもリトナーの曲で5本の指に入るくらい好きな曲である。最近、このアルバム(CD)を店頭で売られているのを見た事が無い。今では入手が難しいのだろうか?
[PR]
横山 輝一_VOICE ◇ 2005年 10月 06日
e0081370_116438.jpg 

80年代後半に好きでよく聴いていた横山輝一の1987年リリースされた2ndアルバム。
横山輝一との出会いは、1stアルバムの帯に書かれていたコピーに惹かれた事だった。そのコピーとは「新鮮、新型。パーティー・ミュージック野郎!!」だった(笑)あまりセンスが良いとも思えないが、何故かパーティー・ミュージック野郎というのがひっかかった。そのままレコードを持ってレジへ・・・。聴いてみるとまんざらコピーは嘘ではなかったのだ(笑)

ディスコ・サウンドやブラコン系が好きな奴だなという事がすぐにわかった。ファンキーなナンバーもバラードもなかなか良いメロディーを書くし、歌も1stではまだ荒削りだが悪くない。ただ、アルバムとしての統一感がない気がしていた。デビュー・アルバムという事でストックしていた曲をとりあえず収録したといった感じなのかもしれない。

この2ndアルバムは、目指す方向性が定まったのかよくまとまっている。初期のアルバムの中では1番好きなアルバムである。この頃はまだ、知る人ぞ知るといった存在だったが、90年代に入るとZOOに提供した『YA YA YA』がヒットし注目され、横山輝一自身も『SOMEDAY』や『Lovin' You』のヒットを飛ばした。この頃の曲を知っている人はわりと多いかもしれない。

個人的には、80年代に発表されたアルバムの方がやはり思い入れが強い。Fun Houseレーベル時代の音源は、はずれが無いと思っている。
ブックオフあたりで、びっくりする程安く入手可能だと思う。お買い得だと思うのでぜひ!

最近はこんなのも・・・
[PR]
STEVE KIPNER_KNOCK THE WALLS DOWN ◇ 2005年 10月 04日
e0081370_23533126.jpg 

怒涛のクレジット買いを始めた頃に買ったアルバム。AOR名盤セレクションという形でCD化されている。
当然、スティーブ・キプナーを知っていた訳ではなかった。後にオリビア・ニュートン・ジョンの「フィジカル」やジョージ・ベンソンの「20/20」を書いたソング・ライターだと知った位である。
このアルバムを買った目的はただひとつ。このアルバムのプロデューサーであり、名ギタリストのジェイ・グレイドンのギターが聴きたかったに過ぎない(笑)

ジェイ・グレイドンのファンの間では有名なアルバムだった。このアルバムから、ジェイ・グレイドンのプロデューサーとしての才能が開花したと言えるのではないだろうか。
キプナーのソング・ライティングの力量もなかなかで、アルバム自体まとまっていて良いアルバムである。
しかし、このアルバムの目玉は何と言ってもアルバムの最後の曲「THE ENDING」という曲に尽きる。私もこの曲聴きたさにこのアルバムを買ったのである。
この「THE ENDING」という曲の最後に、ジェイ・グレイドンの1分45秒近いギター・ソロがある。このギター・ソロが素晴らしいのである。

ジェイ・グレイドンのギター・ソロとして有名なものは、スティーリー・ダンの『Aja』の中の「PEG」やマーク・ジョーダンの『Blue Desert』の代表曲「I'M A CAMERA」でのソロがある。しかし、これほどまでに長いソロは無い。
休符が無いのではと錯覚する位、流れるような切れ目のないフレーズ。その格好良さには圧倒されるばかりである。
ジェイ・グレイドンのギターが好きな人で、このアルバムを知らない人は少ないかもしれないが、もしまだ聴いていないのであればぜひ聴いてみる事をお薦めする。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Ice Green Skin by Sun&Moon